腐海の底の干支階段:矢岳・5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

矢岳(那珂川町)
那珂川町の低山・矢岳の頂上を過ぎ、さらに奥へ。
道なりに進めば下山できる、、、というネット情報がたよりです。

と言っても朝思いついてちゃちゃ、っと見ただけなので、
ちょっと不安もありました。
入山後すぐ迷ったし(´⊆`*)ゞテヘヘ.


それもあって、けっこう脚にきちゃってたんですよね。
ふだん使わない筋肉使って、あちこちに妙なきしみ感も。
どんだけ運動不足なんだか(^^;)

矢岳(那珂川町)

鉄塔を過ぎるとけっこう急な下り坂が延々。

矢岳(那珂川町)

下に降りきってから振り返ってみたところ。

左下からカーブして段が続いてますが、その右のほう、杉の木が奥に消えてくあたりにも階段があるの、わかりますかね〜?
あそこからようやく降りて来たわけですが、この先行き止ってたら心折れ確実です・・・

矢岳(那珂川町)

しかも谷底みたいな深々したとこに着いちゃって、右も左も急斜面。

多分雨のときなんかは沢ができるんでしょう、小さな橋がかけてありました。

日射しも少なめで気分は腐海の底、かいた汗が急速に冷えてきます。

矢岳(那珂川町)

・・・と思ったら、今度は長い長い上り坂。

いい感じにうねってるのは、干支にちなんでるんでしょう。
んなわけないか

抜けられなかったら野宿決定、絶対戻りたくありません(`・ω・´)キリッ
、、、でもイノシシいそうなんだよね(^^; <弱気

矢岳(那珂川町)

こんな道中を繰り返しているうちにまた小振りな鉄塔に出ました。

昨日は巨神の写真を載せましたが、どうやら道が整備されてるのは、これらの鉄塔の管理のためみたいですね。
親方は九州電力でしょうから、しっかり整備されてるのも、まぁ納得です。

・・・てことはこの道、さらに山奥の巨大鉄塔のところに、続いちゃってる??
Σ(゚Д゚)ガーン;

でももう戻る気力も無く、先に行くしかありません。

ヘロヘロしながら脚を引きずってしばらくいくと・・・

矢岳(那珂川町)

ぉお〜〜〜っ!

舗装路がこれほど愛しく感じられたことはありません \(^0^)/

翼よ! あれが・・・、あれが・・・ なんだっけ? < 翼もないでしょwww

矢岳(那珂川町)から下山

コンクリ製の舗装路に着陸(まだいうか)して、来た道を振り返ります。

そうそう、こんな杭があちこちにありました。やっぱり九電のマークがついてます。
自分のは趣味道楽の山歩きですが、仕事で何度もここに入るのはたいへんだろうなぁ、、、

矢岳(那珂川町)から下山

すぐに里に戻れるかと思いましたが、この道けっこう長かった(^^;)
いや、そう感じただけかなぁ。

砂防ダムをいくつか見ながら埋金(うめがね)に出る事ができました。

今回でようやく矢岳、終了です。
おつきあいくださったみなさん、どうもありがとう〜〜\(^0^)/

結局五回も書いちゃいましたが、歩きやすいし頂上の眺めもいいので、素敵な山だと感じてます。
機会を見て、今度は迷わずに普通にまわってみたいです♪

それと、イノシシに出会ったらどうするかとか、水持って行くとか、いちおう少しは勉強&準備しとかなきゃいけませんね(^^;)
反省点いろいろ、楽しい小登山でした。

それと、長〜く住んでても知らないところ、いっぱいあるんだな、って実感、
身近なわが町のふとした魅力、まだまだ掘り起こそう〜 ( ̄ー+ ̄|☆キラッ.


スポンサーリンク
at(336×280)
at(336×280)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. maria より:

    連続失礼致します、こんばんは、あっとさん.
    今日はあっとさんのかかれる文章が面白くて突っ込みたい衝動に参りました;
    巴里の灯だ!ですね
    (でもうろ覚えで、ネットで確認してしまいました…)
    写真を拝見していると、いいなぁ、樹がいっぱいで、と思う反面、
    これは脚に来るだろうなぁ…、と思いました.
    (自分も距離は短いですが、スニーカーで森の坂道に入り込んだ時、
    木々いっぱいでいいなぁと思いつつも、物凄くダメージが脚に溜まりましたので)
    迷っていたら、焦りもしますし….無事終了おめでとうございました.

    花粉症なのですね…me too….お大事に….
    です.

    • at より:

      mariaさんこんにちは(^^)

      連投大歓迎です、ありがとう〜♪

      そうそう、パリの灯! リンドバーグ、だったかな。
      調べてくれてどうもです(^^)

      うん、やっぱり靴は大事みたいですね〜、五回も続けちゃいましたけど、ホント、距離はそんなでもないんですよ(´⊆`*)ゞテヘヘ.
      やっぱり慣れないのと、日頃の運動が足りてないんでしょうね、、、

      そうですか、アレルギー、嫌ですね(TT) この辺りは杉が多いので、そろそろ山も行けなくなるかな、と思ってます。もうかなり赤くなってますからね〜、まともに吸い込んでは目もあてられません (^^;) 

      ずっとつきあってくださって、ホントありがとう♪
      mariaさんもお大事に、花粉を乗り切りましょうね!

  2. かおたん より:

    ほう〜、ようやくのご帰還お疲れ様です(笑)
    下るだけかと思ったらアップダウンしましたね〜(^m^ )そりゃ足に来ますよ〜!
    なんだかんだ言って、あっちゃん、この毎朝の散策で足腰鍛えられてるわ、こりゃ!(^_^)v
    しかも諦めない根性まで鍛えられてる(≧∇≦)
    いいことづくめでんな〜\(^o^)/
    これからの散策は、小さな春を見つける楽しさが増えますね♪
    川も山も小道もそこここに新しい生命の息吹が聞こえ出すでしょうね♪
    とは言え、まだまだ油断ならぬ二月!心して毎朝の散策を楽しんでお届けくださいね〜(^_−)−☆

    • at より:

      かおたん、こんにちは(^^)/

      う〜ん、どうなんだろうね〜(^^;) 戻ってからもけっこう膝ガクガクしてましたよ〜、それに、諦めようにも進むしかない状況になっちゃって(笑)

      やっぱり、低い山とはいえ、もうちょっと準備してかないといけないですね。
      慣れた頃が危ないって言いますもんね。イノシシにKOされても誰も来ないしwww

      そうですね、これからいろんなところが色づいて、華やかになっていきます。今から楽しみ♪(花粉を除いて・笑)

      今回もずっと付き添ってくれてありがとう〜(^0^)/
      ラジャー! 気をつけて続けまーす!!

  3. 星華 より:

    お久しぶりです~!
    矢岳編、読み終わりました。
    南畑の方は、実はあまり行ったことがないのですごく楽しみながら読ませていただきました!
    あまり高くはないとはいいつつも、なかなか大変そうな…それでいて楽しそうな山ですね。
    1人でのぼる勇気が私にはなさそうなので、あっとさんのこの記事で十分満足しました(^^;)

    • at より:

      星華さん、こんにちは!
      ご訪問、どうもありがとう〜(^0^)/

      暮れくらいから山歩きが楽しくなって、神社巡りがおろそかになっちゃてます(^^;) 思い出してくれてうれしいです。

      普段暮らしてるなかでは南畑や西畑方面、なかなか行く機会がないですよね。でもこんな嬉しい眺めの山があったとは、知らないってやっぱりちょっとソンかも、って思ってしまいました(^^;)

      うん、歩きやすいけど、行く時は誰かと一緒の方がよさそうです(^^;)

      何本も読んでくれて、おつきあいありがとうございました♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。