神話〜明治の歴史絵巻:平野神社・2(絵馬堂)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

大野城の牛頸(うしくび)にある平野神社、
前回見ていただいた立派な拝殿のほかにも、いくつか見所があります。

なかでも見逃せないのがこちら。


絵馬堂。

20130213-155701.jpg

その名の通り、中にはたくさんの絵が奉納されてます。
にしても、絵のための特別な建物とは、、、この近くでは初めて見ました。

20130213-155720.jpg

中の絵もいずれも見事、保存状態もよく、かなり楽しませていただきました (^^;)

20130213-155733.jpg

上は三国志の場面のなかから四つを取り上げたもの。

初めて日吉神社で見かけた時は、なんで神社に三国志?? って驚いたのですが、こういう奉納絵の画題として三国志はけっこうポピュラーなようで、注意しているとあちこちで見かけます。

20130213-155744.jpg

これは源平合戦の屋島の戦い。
弓の名手として伝説になった那須与一が描かれ、扇の的も右上に見えています。

20130213-155756.jpg

時代は下って戦国期。甲斐の武田信玄と越後の上杉謙信の幾たびにも渡る死闘・川中島。

こういう歴史的な画題って、細かいことを知ってる人は描かれているものを見るといろいろとピンとくるんでしょうね(^^)
何倍も楽しめてちょっとズルい〜www

20130213-155831.jpg

20130213-155819.jpg

この二枚は西南戦争を描いたものだそうです。
上のほうは熊本あたりではないかと考えられてるみたい。下のは軍議の様子とのこと。

なぜだかこういう絵って戦いが多いです。
江戸時代の絵が抜けてるけど、平和だったってことですかね。

20130213-155843.jpg

こちらは詳細がわからないそうです。
たぶん源平合戦ではないか、、、と。

20130213-155854.jpg

これは三顧の礼。
諸葛孔明を劉備たちが訪ねる、三国志のひとコマ。

20130213-155921.jpg

こちらの写真、失敗しちゃってとっっっても残念なんですが、雰囲気だけでも・・・

このあたりの神社を訪ねているとあちこちで登場する神功皇后、
その伝説のまさに最大のヤマ場、半島に攻め入った時の図です。

那珂川町では現人神社に祀られた住吉三神、伏見神社の鯰たちが皇后のこの行軍を助け、大波をもって新羅軍を瞬速で降伏させたというスペクタクル・ストーリー。
こうして絵にしてもらうと迫力がありますね。

これらのほかにも、詳細不明とされる絵がいくつかありました。
それぞれの絵の下には簡単な解説もつけてあって親切、近隣の皆さんで歴史好きの方には一見の価値ありかと。

自分もしばらく見入って、時間のたつのを忘れてしまいました(^^)
もっと歴史も勉強して、ピンとくるようになりたいです♪


スポンサーリンク
at(336×280)
at(336×280)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. あっとさん、こんばんは♪
    絵馬堂・・・少し前にもこんな感じの
    絵がかけられた建物アップされてましたよ・・・ね?
    けっこうあるものなのかな、実際見たことあったかな(^_^;)
    昔はほんとに戦いが多かったですね、今じゃ考えられないけれど。。
    最近、日本らしさが失われかけてるような気がして。。。
    って勉強不足なのですが、、今「日本」にちょっと興味があります☆
    歴史ももっと勉強したいです♪
    あっとさん、またいろいろ紹介してくださいね~(^_-)-☆

    • at より:

      けいこさん、こんばんはー(^0^)/

      そうですね♪ 最近だと警弥郷の警固神社だったかな〜
      拝殿に絵がたくさんかけてありました。

      こちらの平野神社の拝殿にも絵があるんですが、この絵馬堂はそれとはまた別に一棟、絵のために設けられてるって感じなんです。
      こういう豪勢(?)なのはうちの近辺では初めて見ました。

      そうですか〜! いろんなことに興味もっていきたいですね(^^)
      できればそこで得た知識が争いじゃなくて、お互いの理解や平和に役立つといいですよね♪
      今日もコメント、どうもありがとうございます!

  2. セッポン より:

    凄い!綺麗な状態で残ってますね~

    やはり色が残ってると見応えがありますね。

    まぁ色が抜けてても、それはそれで魅力的なんですけど(^^

    • at より:

      奉納された絵って、かなり痛んでいることも多いですよね。屋根はあるとはいえ、室内ではありませんから、、、なのでこちらを見た時は、新しいものなのかと思いました。
      今日書いた碑によると、どうやら改修の際に絵の補修もなされているようです。

      おっしゃるように風雪重ねて痛んでいるものはオーラがありますよね(^^) 妙に真新しいと、色がベタなためか奇妙な感覚を憶えます。

      コメントどうもでーす(^0^)/

  3. かおたん より:

    わぁ、絵馬堂とは珍しいですよね?なかなか広い神社なのですね〜!

    奉納の絵は見応えありそうですね〜\(^o^)/
    歴史、詳しくないけど解説読みながら勝手な想像を膨らませて絵に見入るの私、だ〜い好き〜!!隅から隅まで見てみたいo(^▽^)o
    お城の襖の絵なんかもじ〜っくり見ちゃう人です^_^;
    そういう絵物語から歴史を遡ってその絵の時代に入り込んだ気分になります(*^^*)
    歴史詳しくなくてもその時代に思いを馳せるの大好きです♪

    • at より:

      うんうん、自分もそんなに詳しくなくいんですが、見るのは楽しいですよね。
      あれこれと想像したりして。

      それと、聞き知ってることが絵にされていると、また違った臨場感というか、イメージを刺激されますもんね♪

      そんな風に楽しい歴史の授業だったらなぁ、、、なんて愚痴ですがwww

      ご感想、ありがとう〜!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。