春待つ堤:牛頸ダム・1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

平野神社を後にしてさらに南へ。
ゆるやかに続く長い坂を、車での〜んびり登って行きます。

このあたりって広々してて、とってものどかなんですよね〜


行手に巨大な壁が見えてきました。

20130213-160839.jpg

上の写真の、真ん中あたりです。

20130213-160853.jpg

ここは牛頸ダム。

この奥にある黒金山や牛頸山からの水を貯めています。
どうやら登山道もあるようなので、機会があれば行ってみたいです。

20130213-160907.jpg

ダム湖の周囲はぐるりと車で回れるようになっています。
一周しても10分くらいでしょうかね、、、

20130213-160926.jpg

車を降りて、水をせき止めてる堤の上にきました。

ダムの堤=でっかい壁のことを堤体(ていたい)、その上の部分、つまりこの場所は天端(てんば)というそうです。

延々と続くこの道の向こう側には、家族連れて遊べる大野城いこいの森中央公園があります。
入場料や駐車料金がかかるので今回はスルー(^^;)

20130213-160945.jpg

天端(さっそく使う・笑)の上から見下ろしたところ。
遠くに春日市方面が見えています。

20130213-161006.jpg

こちらは反対のダム湖側。

牛頸の地名の由来になった牛の首に見える山って、どれなんだろ??

20130213-161016.jpg

管理棟でしょうか。

それにしても、冬枯れた草の色が日の光を受け、意外に鮮やか。

同じ光を自分も受けて、この景色のなかにとけこんでいたい〜、
そんな気にさせられます(^^)

20130213-161025.jpg

よく見ると、すでに新しい芽が・・・
春の準備は着々、ですね(^^)


スポンサーリンク
at(336×280)
at(336×280)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. かおたん より:

    長閑な風景、癒されますね〜o(^▽^)o

    ダムもあるんですか〜。

    本当にそちらは自然豊かな広々とした所があるのですね〜♪

    小春日和にほっこりとした気分でそぞろ歩き、心に良さそう〜〜\(^o^)/

    小さな芽が出て春を待っているのですね♪

    季節は必ず進んで。。。
    時は止まることはないのですかね〜。
    この世界って、不思議いっぱい!
    ホントに飽きないですね〜(^m^ )

    • at より:

      たくさんのご感想、今回もありがとう!
      それぞれで書きたいと思っていた雰囲気を受け取ってくれるので、読ませていただくといつも安心します。

      ダムに登るまでのゆる〜い坂は、のどかすぎてとけちゃいそうな、ホントそんな空気なんですよ。川沿いにホタルが見られるところもあるそうです。

      冬の間は枯れているように静かなものが、光を受けて一斉に動き出すんですから、考えてみたらものすごいことですよね。
      春は人の世界でも節目ですが、自分のなかにも何か芽吹いてくるんでしょうかね〜♪

      は〜い、飽きずに歩きまーす(^0^)/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。