スリット越しのグローバル:駕与丁公園・8(水鳥小屋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

20130623-215048.jpg
いろんな景色に出会える、粕屋町の駕与丁公園。
池は古くからあったものだとしても、公園化されたのは割と最近の話でしょう。
きっと誰かがデザインしたんだと思いますが、
なかなか素敵に仕上がってると感じてます♪
名もなき演出家に感謝♪


湿地を模した区域を過ぎようとする頃、ひとつの小屋(?)が目に入ってきました。

20130623-215021.jpg

自転車置き場・・・じゃないよねw

駕与丁公園案内図(水鳥小屋付近)

例によって、場所は黄色い○あたり。

20130623-215034.jpg

水鳥の観察小屋だそうです(*^^*)

鳥を驚かせないように、そっと覗いてみよう、ってわけですね♪

20130623-215048.jpg

「なに? ここ、入るわけ?」

「あ、うん、いいですか? ・・・ってあんた誰?」

「ち、これだから町の外から来たやつは・・・」

昨日の記事でも登場したネコさまが、眉をひそめてお出迎えしてくれました(^^;)

20130623-215104.jpg

小屋の中にはいろんな水鳥を紹介する解説板 by 粕屋町が。

これだけ広い池ですから、越冬に使ってる鳥集団もいる、、、のかな?

ここって意外にグローバルなのかも(#^-^#)

20130623-215115.jpg

なるほど、このスリットからそっと覗いてみるわけですな♪

20130623-215138.jpg

水鳥はいないけど、ちょっと新鮮な視覚です♪

20130623-215153.jpg

敵が攻めて来たら、ここから応戦しましょう(謎)

20130623-215211.jpg

暗すぎて何がなにやらわかりませんが、水鳥小屋はもうひとつありました。

あそこも陣地に仕えるな φ(・ェ・o)~メモメモ.
いやまぁ、福岡は国境の町ですから(`・ω・´)キリッ

www…

20130623-215446.jpg

静けさを際立たせる水鳥の波紋、

なにやら、ありもしない絵心をくすぐられる風景でした♪


スポンサーリンク
at(336×280)
at(336×280)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. ネコさま、あっとさんをじっと見て
    ほんとにそんな会話してるってかんじですねw
    このスリット、人の気配を感じさせない造りですよね。
    新潟には潟がいくつかあって、こんな水鳥観察所があったのを思い出しました。
    最後の写真、素敵です~(^_-)-☆

    • はい、確かにそう言ってました。
      実はネコの言葉、わかっちゃうんです〜♪
      ・・・てもちろんアレですが(^^;)

      そうそう、そっと覗いてみてごらん、てことですよね (#^-^#)

      ほー、潟ですか、なるほど!
      まさに水と陸とが混じり合う、命の宝庫って感じがします。
      新潟だといろんな渡り鳥が飛来してそう♪

      鳥の名前も追々知りたいって思います。
      観察もいいけど、それこそ鳴き声を聞き分けられたら楽しいでしょうね!

  2. ヘェ〜、水鳥観察小屋とはまた粋な!
    ホント名も知らぬ設計者に敬服!
    私、個人的にかなりこの池、公園、気に入りました〜\(^o^)/
    ホント盛りだくさん!飽きさせない!♬
    なんか覗く気分てwwwなんだか息を潜めてwwwちょっとワクワクドキドキ!(笑)
    でも素敵な配慮の小屋ですね(*^^*)

    水鳥の水跡〜、いい絵になってます(^_−)−☆

    • 気に入ってもらえて嬉しいで〜す!
      汗をかきかき、撮って来た甲斐がありました(*^^*)
      地域のみなさんにも愛されてるみたいで、園内にはゴミもなく、気持ちよく歩けましたよ♪ 粕屋町すばらしー\(^0^)/

      そーっと覗いてみてご覧、ていう歌詞がありますが、こういうのってなんだかワクワクしますね〜。
      見える景色は小屋の外と同じなんですが、運が良ければかなり近くから鳥を見られる場合もあるんでしょう♪

      水鳥自体もいいですが、すぅ〜っと広がって行く水跡を眺めてると癒されちゃいます(#^-^#)
      心静かになれそうな場所でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。