記憶を覆う夜とばり:志免鉱業所跡・3(竪坑櫓)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

20130709-205825.jpg
旧海軍御用達だった志免(しめ)の竪坑櫓、
その威容の放つオーラから、いろいろと刺激を受ける近代化史跡です。
かつて黒ダイヤとさえ呼ばれて重用された石炭の墓標のようにも・・・


昨日もさんざん写真を見ていただいたのですが、何しろこのインパクト。
なかなか引き上げることができずに、櫓を見上げながら周囲をぐるぐる、ぐるぐる、、、
(首いた〜w)

20130709-205849.jpg

次第に日も暮れ、街灯も灯り始めます。

20130709-205836.jpg

ここで日没を迎えるのもなかなかいいかも♪

20130709-210030.jpg

日本の町としては最も人口密度が高い(2012年)らしい志免の町も、今日一日を終えようとしています。

20130709-205825.jpg

竪坑櫓はの竣工は1943年、以来こんな景色が何度も何度も繰り返されてきたんですね〜、

20130709-210016.jpg

周囲にある公園の遊具に登ってぼんやりと、、、

20130709-205937.jpg

刻々と変わる空の色、
それに応じて表情を微妙に変える竪坑櫓、

なんというか、けっこう得難い時間、過ごしちゃいました(#^-^#)


スポンサーリンク
at(336×280)
at(336×280)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. あっとさん、こんにちは♪
    おぉ~長居しましたね!
    しかも今回は遊具にも登って(^_-)
    萌え萌えとwずっと眺めていたくなりますね♪
    お写真、素敵です☆
    ここはお近くなんでしたっけ・・お気に入りの場所になりましたね(^_-)-☆

    • はーい、むっちゃたそがれちゃいましたよ(#^-^#)
      できれば建物の中から、移り変わる空の色を眺めてみたかったです。

      中はどんな風になっているのか、想像せずにはいられませんね。

      すぐ近くではないけど、よく通りかかる場所です。
      あまりのオーラ、妙なものにとりつかれないように、やや距離をおいてつきあったほうがいいのかなwww

  2. 猿○「えん」と申します より:

    こんにちは^^
    猿○「えん」です^^
    ナイスなお写真ですね!!!
    しばらく志免のほうには行ってないです・・・
    機会があればよってみようかしら^^;

    • 猿○「えん」さん、こんにちは(・∀・)ノシ
      またのご訪問 &コメント、どうもありがとうございます!

      ほめていただいて嬉しいです〜(๑´︶`๑)
      自分は割と通りかかる機会があるんですが、こうしてじっくり眺めたのはかなり久しぶりな感じです。昔はこんなに近づけなかったと思うんですよね。

      隣接する施設に駐車場があるので、行きやすいです。
      ただ、このとおりの異様なので、「楽しい気持ち」ってわけにはいかないかもしれませんが(´⊆`*)ゞ
      一見の価値はあると思うんですけど・・・

  3. 夕刻に黒く出で立つその姿〜!ホントに何回見ても昼見ても日暮れに見ても、迫力〜(≧∇≦)

    このカクカク感が、そしてそびえ立つ雄姿が、ものすごい何かを感じさせますね〜。

    しめ町、人口日本一!?
    炭鉱で栄えた名残?それともとても生活し易い近代的な町なのかしら?

    それにしても、ホントにすごいもん見せていただきました!
    ロボット感というのかな〜。ベタなロボットみたいで、夜になったらシャキーン、シャキーンって手と足が出て、空を飛んだり歩き回ったりしそう〜(≧∇≦)

    • わはは、かおたんも妄想上手になってきましたね(#^-^#)
      トランスフォーマーの、むっちゃ老朽化してる版ですね。
      それもなかなか渋い設定かも!

      行政区分としての町で比較した場合、人口密度が一番だ、とありました。
      福岡市のベッドタウンなんですよね。
      空港にもむちゃくちゃ近いし、最近では大型のショッピングモールもあって、暮らしやすいようです。

      ま、那珂川町も自然がいっぱいで暮らしやすいですけどね(`・ω・´)キリッ

      喜んでいただけて書いた甲斐がありました、いつもありがとう〜〜(・∀・)ノシ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。