東の末社に我らあり:筥崎宮・4(東末社)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

20130718-210637.jpg
福岡でも指折りの神社・筥崎宮(はこざきぐう)、
神功皇后の子・応神天皇を祀る八幡さまです。

境内には末社がたくさん。
前回は西末社を見ていただきましたが、西があるということは・・・


見えてきました、こちらが東末社。

20130718-210525.jpg

本殿と拝殿がある囲みの外側、ちょうど西末社と対称的な位置に、同じような形式で建てられています。

20130718-210537.jpg

でも、ちょっと様子が違うのは、お稲荷様ののぼりがたくさんあって、なんだか賑やか。
狛犬の造形も独特です。

20130718-210548.jpg

御祭神も東と同じ数。

いずれも応神天皇がらみの、、、と思いきや、初めてのお名前も見えます。

武内社は神功皇后の遠征に付き従った武内宿禰(たけのうちのすくね)、住吉殿とあるのは、同じく遠征の航海を導いたと言われる住吉三神のことでしょう。でも池島殿、乙子宮は初めて出会いました。
そしてお稲荷様・・・神功皇后—応神天皇のネットワークからはちょっと唐突な感じがしますが、ご覧のとおり存在感抜群です(^^)

20130718-210601.jpg

西末社は整然としていた、というか特に目を引くものは無かったのですが、こちらはお稲荷様を始め、ちょこちょこと個性を主張♪

20130718-210624.jpg

池島殿の前には小さなわらじがいっぱい。

20130718-210637.jpg

なんだろ?

20130718-210651.jpg

・・・だそうです。

民間に親しまれてきた神様なんでしょうね。

20130718-210714.jpg

こちらは乙子宮(おとごぐう)の前にかけてあった説明書きです。
これだけではよくわからなかったのですが、どうやら子どもの神様として親しまれて来たみたい。

20130718-210731.jpg

応神天皇の子である仁徳天皇の弟・菟道稚郎子皇子(うじのわきのいらつこのみこ)を祀っているそうです。

20130718-210740.jpg

稲荷社はやはり商売繁盛ということでお参りされる方が多いんでしょうかね。
この東末社の一番東の端ながら、テーマカラー(?)の赤を前面に押し出して抜群に目立ってます。

東・西、ともに軒を連ねた形の末社ながら、東ではそれぞれの世界が現れているのが興味深い♪
集合住宅にも、ひとつひとつの生活がある、みたいな?
ちょっとちがうか(´⊆`*)ゞテヘヘ.


スポンサーリンク
at(336×280)
at(336×280)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. いつも匿名って書かれるからちゃんと確認しようと思ったけど、やっぱりTwitterアカウントで入ると、自分で名前を書き込むところは出てこない。Twitterアカウントで名前が出てるからかなぁ。
    また匿名だったらごめんなさい。Twitterアカウントで入る前に名前を書き込むのかもね!?
    まぁ、そちらは置いといてと。

    今度は東末社なのね!
    東西あるとはなかなかたくさんの神様が長屋に同居でござるな〜!
    狛犬も古そうな感じで東西で出来た年代が違うのかしら?
    同じ長屋でも目立つ神様、ちんまり神様、個性があるのですね(笑)

    • twitterで一度連携を許可すると、その後しばらくはそれが効いて保たれるみたいです。twitterアカウントの持ち主って認識されているから、名前欄は出ないのかな。

      記事のなかで書ききれなかったんですが、東末社と西末社の狛犬、その造形感覚がずいぶん違っていて驚きました。
      作者が違うのか、年代によるトレンド(?)なのか、はたまた表現として故意に作り分けられたものなのか、興味深いところです。

      楼門の左右にあった像もすごそうだったんですが、こちらは建物の中にあって全体が見られずに残念でした。
      けっこう見逃してしまったところがたくさんあって、残念です。
      次回の楽しみ、とも言えますが(#^-^#)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。