神社とロフトとキッチンと:福澤諭吉旧居

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

20130820-180101.jpg
まだ行ったことがない場所に行ってみよう!
と夏休みに思いたちました。
日帰りで行けるとこ限定ですけどね・・・(´⊆`*)ゞテヘヘ.

地図を見て、国東半島に即決です(^^)


大分はあんまり行ったことないんですよね。
行っても湯布院とか日田、あと大分市内。
知らないところって、ちょっとわくわくです♪

福澤諭吉旧居(中津)

半島へ向かう途中、中津で立ち寄ったのがこちらの福沢諭吉旧居。
少年時代の諭吉が母子六人で暮らした場所だそうです。
福澤諭吉って、大分ゆかりの人だったんですね。

福澤諭吉旧居(中津)

旧居外観。

福澤諭吉旧居(中津)

茅葺屋根の上らへんは、神社の屋根でよく見かける様式。
もともとはこういうものだったのが、様式化されたんだな。

福澤諭吉旧居(中津)

中は日本家屋の、清々しい空間。
風通しよさそう♪

福澤諭吉旧居(中津)

こちらはキッチン
・・・かまど、て言う方がいいか(^^;)

水道も、当然ながらガスもない。本質的には弥生時代の遺跡とあんま変わらないかも。
昔の人々の炊事がいかにたいへんだったか想像されます。

福澤諭吉旧居(中津)

庭の一角にあるこの土蔵の二階部分で、諭吉少年が勉強してたそうです。
中に入ると階段があり、二階に続いてます。
天井の低い、ロフト的な空間で、落ちついて勉強できそうな感じでしたよ。

20130820-180352.jpg

こちらの中津市、来年の大河ドラマの舞台になるってことで盛り上がってて、
至る所にこんなのぼりが立ってました。
もう来年の準備、着々なんですね。


スポンサーリンク
at(336×280)
at(336×280)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. ヘェ〜、福沢諭吉、大分育ちでしたか。
    昔はみんなこういう家屋だったんでしょうね。
    風が抜けるホント清々しい空間ですね(*^^*)

    なんだろな〜。
    昔のその時を想うって、不思議ね〜。
    人は居なくなれども、時は進んで〜。
    人はそれぞれ何を思ってどう生きてるんだろ〜。
    ちっぽけなことのようだけど、一人一人には大切な経験。それが生きるってことなのかしら?
    秋でもないのに哲学的なことを考える今日この頃です(笑)

    • PCでトラブっている間にすっかり涼しくなってきました(^^;
      まだ残暑、ぶりかえしそうですが、ひと足早く秋の気配を感じるこのごろです。

      経験や記憶って、物にしみつくものですよね。特に家屋は、部屋とか空間そのものが記憶って感じ。
      この旧家は整理されてしまってますが、もっと生活感が感じられたら、それを通して住人の記憶ていうか、イメージの世界を感じられたような気もします。

      ちっぽけなことのようだけど、それこそ一人一人の人生そのものかも知れないですよね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。