国東の入り口で:粟嶋神社・1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

20130820-183733.jpg
中津城の後、さらに東へ。
まだ行ったことがない、国東半島を目指します。

福岡に住んでいても大分のこのあたりって、なかなか行く機会がなんですよね。初めての土地にわくわく♪


こちらは地図を見ていて目に留まった粟嶋神社。
海のキワキワにあるようなので、気になって寄ってみました。

20130820-183647.jpg

海沿いの神社と言えば、以前訪れた福岡の志式神社綿津見神社が印象深いですが、何か由緒的に関連があるかも・・・
ほのかな期待とともに鳥居の奥に歩み入ります。

20130820-183709.jpg

少し歩くと拝殿が見えてきました。
奥に本殿が見えています。

20130820-183733.jpg

海風対策なのか、床部分はコンクリでがっちり。

20130820-183755.jpg

本殿の奥には・・・

粟嶋神の像らしい。
何をくわえておられるのかな?

もともとは女性に関するいろんなことにご利益があるとされる、民間信仰の神様だそう。

・・・知らない事、いっぱいだな。

20130820-183818.jpg

裏手は断崖。周防灘って魚が美味しそうなイメージ♪

20130820-183839.jpg

境内の脇に鳥居があり、参道が下に向かって続いています。
さらに海に近づける予感。

・・・明日に続く〜(#^-^#)


スポンサーリンク
at(336×280)
at(336×280)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. なんか稲穂をくわえてるように見えるけど〜?
    それにしてもホントにたくさんの神社がありますな〜!

    • ていうか、見所が神社くらいしか・・・w
      例によってちゃんと調べて行かなかったせいもあると思うんですが(^^;)

      稲穂か、そうですね。そうかも知れない。
      こういう像って、いつ誰が作ったのかって、残ってるんでしょうかね。
      どうやってイメージを決めたのか聞いてみたいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。