繋いだ喜び12倍:生月大橋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

生月大橋
前回の記事で見ていただいた平戸大橋は、九州本土と平戸島を結ぶ動脈でした。
で、渡って着いた平戸島、けっこうな大きさで見所もたくさんあるのですが、ツツ─────、っと今は通過して、さらに先へと向かいます。
行ける所まで行ってみたい、ってつい思ってしまうんですよね♪


平戸島の先にあるのは生月(いきつき)島。
あの橋の向こう岸です。

20131108-192215.jpg

平戸大橋は真っ赤でしたが、生月大橋はさわやかなブルー。

20131108-192308.jpg

撮影したこの場所は漁港です。下から橋を見てみたくて、幹線道路から降りてみました。

20131108-192409.jpg

白石漁港というそうで、後で調べて「しまった!」と感じたのは、すぐ近くに蓮池神社というお社があったらしいのです。
遠いだけに次いつ来られるか、、、

毎度毎度、いきあたりばったりで偶然の出会いを楽しんでいますが、あとで悔しい思いをすることもしばしば。
この漁港にあった食堂も漁師料理で有名らしく、予約しておけばよかった〜、と思いました。
平戸で海の幸、と聞くだけで生唾ゴクリですよね(^^;

20131108-192453.jpg

では道に戻りましてあらためて。

正面に見えます生月大橋は1991年開通。
平戸大橋と赤青のタッグを組んで、生月島を九州本土へと繋いでいます。

開通二年目には、橋が無かった頃と比べて観光客が約12倍になったとか・・・スゲー!

20131108-192510.jpg

何度か通っているのですが、じっくり眺めるのは初めて。
一度止まってみたかったんですが、案外できないものですよね。
blogに書こう、ということで、ようやく叶いました。

20131108-192543.jpg

平戸大橋と同じく、2010年4月に無料化。

これは住民のみなさん、嬉しかったでしょうね!

20131108-192612.jpg

ご覧のとおりのきれいな橋なんですが、この時はなにやら工事をしていて一部があんな具合に。

ぜひまた来て、空の青色に溶け込む様子を撮ってみたいです。


スポンサーリンク
at(336×280)
at(336×280)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。