回帰する風景

もろもろ


那珂川町は久しぶりの雨の朝。
もわん、と湿った空気がなま温かく、
梅雨時を思い出しました。

季節が逆行、こういう時もあるんですね。


重い空気と厚い雲が朝日をさえぎって、
見慣れた景色を青い影でつつみます。

20121017-180343.jpg

刈り入れの済んだ田んぼは
冬の到来を受け入れようと静まり返っています。

20121017-180401.jpg

こんな空気が普通だった季節には、
小さな稲たちが、
水をはったばかりの田んぼに整列していました。

20121017-181617.jpg

見えているひとつひとつの刈り跡が、
それらの苗の成長の跡でもあるんですよね。

20121017-180326.jpg

何十回・・・もしかしたら何百回? も繰り返してきただろうこの景色。
新しいのか、古いのか、
今の景色なのか大昔の景色なのか、、、

そしてこれはこの先もずっと繰り返され続ける、
うねりながら続くあぜ道が、そう暗示しているようでした。

コメント

  1. かおたん より:

    ホントに青い朝ですね!
    こういう景色、ずうっと繰り返されてる。。。
    打ち寄せる波を見ても、流れる雲を見ても、ふと思うことです。。
    なんかどんよりと物悲しい朝にはちょっとセンチになりますね(=^_^=)

    • at より:

      えへへ、そんな感じです。
      かなり天気に気分が影響されてしまうので、自分でも少し困っています(^^;)
      これから冬になると曇りの日が増えてくるので、内心ちょっとユウツ、春が待ち遠しい、って今から思ってしまいます、、、