時の底から、花を咲かす

そぞ活


ふらふら歩いて、つらつらと考えを受けとる、
何から? どこから??

う〜〜〜ん


そのうち答え、みつかるかなぁ (^^;)

梅雨時の大雨で、那珂川の様子はけっこう変わってしまいました。
あちこちで工事があり、ざわついてて落ち着きません。
カワセミも、このあたりではしばらくご無沙汰です。

20121102-183943.jpg

それと、水位が下がってるんですよね、多分。
雨が少ないことも確かなんですが、それよりも底が削られてるって感じなんです。
こんな土管、見たことないし・・・一体いつのなんだろ?

20121102-184005.jpg

川底の岩もかなり見えてます。
あの大雨で砂や石が、すっかり下流に流されてしまったのかも?
・・・気のせいかな、

20121102-184022.jpg

ときに「歴史を掘り起こす」なんて言い方をしますけど、
地面を掘りおこすことは文字通り、古い世界に触れるってことでもありますよね。
もし私の感触が当たってるとしたらこの川底も、砂に覆われてた昔の姿だ、ってことになります。

川砂くらいだったら、まぁそんなに昔じゃないとは思うけど、現れた砂岩はそれなりに古いものを内に封じてるんでしょうね。

20121102-184040.jpg

こちら(↑)は私がお気に入りのセンダン。
堂々たる大樹で、季節にはホントにたくさんの花をつけ、実を落とします。

工事の重機が出入りしてるので、ちょっと心配。
根が痛まなきゃいいけど、、、

根っこて、その樹の高さと同じくらい深く延びてるって聞きますね。
それはつまり、地中の具合にもよるんでしょうけど、昔の層にまで延びてるってことですよね。

人が暮らしてるのは今目の前に表れてる地面の上でしかないけど、
樹木は時間の底から力をくみ上げて、しかもその力を花や実として今の世界にもたらしてる。

しかも黙って・・・

しゃべったらおおごとだけど(^^;)、sm1

コメント

  1. あっとさん、こんばんは!
    また今日も深いお話ですねぇ。
    このセンダンの根も深そうですね!
    >時間の底から力をくみ上げて・・・
    素敵な表現です☆
    木は見えないところで根をはって、毎年花や実をつけて。。。
    大樹は何百年何千年も、黙って続けてる(笑)すごいパワーだぁ!
    一本の木が好きな私・・・あっとさんお気に入りの一本センダンもいいですね(^_^)

    • at より:

      けいこさん、おはようございます(^^)
      お忙しいと思うのに、ご訪問&ご感想、ありがとうございます!
      例の、この木何のケヤ木、を写真で見せていただいてから、こんなことを思いつきました。おかげでこれからは樹を見るたび、少しイメージがプラスされそうです。ありがとう〜♪
      ですよね、すごいパワー(^0^)/ 種を落としまくる気前のよさにも感心しますよ。食べられはしないみたいだけど、、、(^^;)

  2. 星華 より:

    こんばんは!
    根っこか・・・
    人間も、上半身と下半身がだいたい同じくらいなので、きっと大きな木も根っこがとても長いのでしょうね。
    断面図を見てみたいです!(^^)

    • at より:

      星華さん、こんばんは♪ いつもご覧くださりありがとうございます。とりとめのない雑想で申し訳ないです(^^;)
      なるほど、人もそんな感じですね。よく考えると不思議だな、、
      今の世の中、何でもわかってるようだけど、地面の中って実はさっぱりわかってないんですよね (^^)

  3. かおたん より:

    タイトルに惹かれました♪

    確かに大木は永い時を経て今も息づいていますね〜。
    センダンっていうのね、その木♪
    惹かれる木ってありますよね〜(˘͈ᵕ ˘͈ෆ)
    私も普段良く見かける木で、山やうっそうとした公園なんかで見る大きな木で好きな木があるんですよ〜♪ 名前がいまいちわからないけど、ケヤキなのかな〜。ほっそりした枝で、でも広〜く枝を広げて♡
    まぁ、長くなりましたがとにかく、うふ、心惹かれる木って癒やされますね〜٩(⑅´◡` )۶✧

    • at より:

      樹木って不思議と癒されますよね。木陰や木漏れ日は人を優しく包んでくれるイメージですし、緑は目に優しい。これからの季節は細い枝ごしに夕焼けなど見えるといい感じです♪
      そこにあるだけで地面を息づかせて、鳥やら虫にも大盤振る舞い、大きな木ほど与える力が大きくなっていきます。
      知らず知らずのうちに、そんな大樹の豊かさに惹かれているのかな〜(^^)