那珂川散歩帖(福岡)

大バエ灯台(長崎・生月)の絶景展望と場所・駐車場〜映画『悪人』との関係

calendar

reload

大バエ灯台(長崎・生月)の絶景展望と場所・駐車場〜映画『悪人』との関係

生月島の北端を目指すと行き着くのが大バエ灯台
大バエ鼻と呼ばれる断崖の上にあります。

映画『悪人』を思わせる“さい果て感”を味わえる場所です。

スポンサーリンク

大バエ灯台の絶景

生月島には車で行くことができます。
無料の駐車場に車をとめ、ゆるやかな上り坂を歩くこと2、3分。
見えてきました。(*駐車場の場所は記事の終わりでご案内します。)

20131108-193010.jpg

灯台って、無性にロマンをかきたてられます(#^-^#)
海の男の血が騒ぐというか・・・ウソです、全然海の男じゃありません(´⊆`*)ゞテヘヘ.

20131108-192757.jpg

風雪にさらされた白い色が胸に来ます。

てっぺんの四角いあたりにライトがあって、はるばる遠洋から戻って来た船がその灯りを確認、陸地が近いことを知る。

いったいこれまで、どれほどの船が助けられて来たのでしょう。

・・・もっとも今は、どの船にもGPSがあるんでしょうけど(^^;

20131108-192847.jpg

大バエ灯台は、展望台を兼ねた親切設計。

20131108-192818.jpg

う〜む! 絶景。
大バエ灯台は高さこそ小さめですが、大バエ断崖の上に建てられています。
断崖の高さは実に80メートル
この日はちょっと残念な天気でしたが、晴れていれば壱岐対馬まで見えるとか。

20131108-192944.jpg

東シナ海が平和な海でありつづけますように。

20131108-192919.jpg

海の反対側。
起伏にとんだ生月島の地形が伺われます。
あの道路をはるばる通って辿り着いたことになります。

大バエ灯台の名前の由来

大バエ灯台、ちょっと妙な名前ですが、漢字では大碆と書くらしい。

ハエという響きから下関の南風泊(はえどまり)をちょっと連想しましたが、島の北端だし、南風とは関係なさそう、かな。

気持ちのいいところ。
煮詰まった時にこういう場所を知っていると心強い!

大バエ灯台の場所と地図

大バエ灯台は生月島の最北端。所在地でいうと長崎県平戸市生月町御崎にあります。
地図で示すと場所はこちら↓。

大バエ灯台の駐車場は?

大バエ灯台には無料の駐車場があります。

上の地図で、灯台から右のほうへのびている道があります。
その道沿いにある駐車場が最寄りになります。
ここへ車を駐車しても、灯台までは少し歩くことになります。やや上り坂です。

スポンサーリンク

大バエ灯台と映画『悪人』の関係は?

映画『悪人』のさい果て感、と冒頭で書きましたが、この大バエ灯台は『悪人』のロケ地ではありません。

『悪人』に出てくる灯台は同じ長崎県内にあるのですが、五島の大瀬崎灯台。
船で行く必要があります。

この付近にある『悪人』のロケ地としては、お隣の平戸島にある堤漁港が、主人公・祐一と祖母・房枝が住む自宅がある場所として登場しています。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

folder とりとめもないこと

花墳墓
お盆の両岸
時のレイヤー
more...

folder 日記

カワセミがいる川
more...