ひとり遠足・志賀島5:眩しさと記憶

そぞ活


子どもたちの夏休みもたけなわですね。
もうじきお盆になりますから、海の季節もそろそろ終盤です。
クラゲ、でちゃいますからね(^^;)

夏の盛りの思い出づくりは今のうちに・・・


昨日、暦の上では立秋を迎えました。

盛夏を楽しむ志賀島ひとり遠足、昨日の記事で終わりにしようと思ったのですが、
ちょっと名残を惜しんで写真をいくつか。

ここは今回の遠足の記事の最初に、潮見公園を見上げたあたり。
(→ひとり遠足・志賀島1:潮見公園
玄界灘と博多湾に挟まれた、細い砂地です。

20120808-092006.jpg
こちらは玄界灘に面しているほう。

波がうちよせては引いて行きます。あたりまえですが(^^)
ぼんやりと眺めているだけで、気持ちが楽になってきます。
そのうち波の音と自分の呼吸がリンクしはじめて、
心が穏やかに広がっていきます。

20120808-091953.jpg
朝ですが、釣りやマリンスポーツを楽しむ人影がちらほら。

このコントラストの強い光も、これから秋に向けて、だんだんと和らいでいくんですよね。
そのうち人影も消え、波音だけが響く世界になるんだろうな。

20120808-091748.jpg
こちらは博多湾側の海。
波もおだやかで、反対側とは海の色も違っています。
なんでだろ・・・

20120808-091738.jpg
志賀海神社の駐車場にあった廃屋(?) 漁の道具を置く物置になっているのかな、
夏草に覆われて朽ちかけた姿が時間を感じさせます。

この夏草も、やがて秋になれば枯れていくんでしょうね。

20120808-102354.jpg
寄せては返し、寄せては返し、
波音ごとに時間が刻まれ、季節が変わっていきます。

夏のまぶしさに懐かしさを感じ始めたら、歳ですかね(笑)

コメント

  1. NACHIKO より:

    あっちゃん、こんにちは♪海の写真を見てるだけでもなんかゆったりとして心の底の方から癒やされる感じがしてきます☆というのも今私の気持ちが最近ゆったりとする暇がないくらい毎日忙しくしているからなんだろうなぁと思ってしまいました♪こんな雄大で美しい海を毎日眺めて過ごしたいです~!あっちゃんがアップしてくださった海を見ながらしみじみとそんな事を思っている私です(*^-^*)

    • at より:

      なちこさんこんにちは。今日もありがとうございます! お忙しいところいつもご感想もお寄せいただいて、感謝しています(^^)。

      そうですよねー、私もたまにしか海は見れないので、実際に波音聞くといろいろと思うことがあります。なんでしょうね、不思議といろんなものをリフレッシュしてくれますよね。少しでもなちこさんの気分転換になっていたら、こんなに嬉しいことはありません♪

  2. ecru(keiko.h) より:

    あっとさん、こんばんは!
    空と海と、砂浜と、、コントラストが夏らしい~♪
    でももう少しでクラゲの季節~(>_<)
    夏も折り返しですね。
    海ってほんと心が落ち着きますね。
    今はすぐには行けないけれど
    新潟にいたときは近かったからよく行きましたよ。
    あっとさんの写真見てたら、海行きたくなりました~。
    癒されたぁ(´▽`)

    • at より:

      けいこさん、こんばんは〜(^^)
      いつも気にかけてくださって、どうもありがとうございます!
      そうそう、夏も折り返しですよ。子どもの頃は8月いっぱい夏だと思ってたんですけどね〜。
      けいこさんは新潟にいらしたんですね、この写真も日本海側です。太平洋とはまたちょっと趣が違いますよね。

  3. かおたん より:

    あっちゃん、こんばんは〜。
    お!ようやくコメントできそうです。
    早いものでもうお盆も過ぎてしまいましたね〜。
    海の青さ、空の青さ、夏ってホントに特別〜♡
    このまま時が止まってしまえばいいのに〜!ねっ(^_−)−☆

    • at より:

      かおたん、こんにちは〜
      忙しいのにありがとうね♪
      ほんとに夏の青は永遠ぽい感じがします。
      そして暑いけど、終盤になると名残惜しいよね(^^) 年々その感覚が強くなります。