彼岸を見続け××年:日拝塚古墳

史跡


那珂川町の隣、春日市にある日拝塚(ひはいづか)古墳に行ってきました。

と行ってもかなり那珂川寄りの場所にあって、
博多南駅から歩いても数分ってところでしょうか。


ここの特徴をひと言で現すとしたら、

会いに行ける本格古墳(謎)

20120910-154430.jpg

閑静な住宅地の中に、ちょっとした地域の公園くらいのスペースが広がっています。

上がってみるとこの通り↓。

20120910-154455.jpg

こんもりとした緑ののどかな曲線が、静かに目を癒してくれます。

玄室の入り口。
入れませんが、市に言えば開けてもらえるとか。

20120910-154511.jpg

日拝塚、という名前が気になりますよね。

解説がありました。

「日拝塚古墳は、春日市西部の河岸段丘上に作られた前方後円墳で、墳丘の主軸がほぼ東西を向いています。このため彼岸の時期には、16km東方にある大根地山から昇る太陽を拝め、「日を拝む塚」として地元の人に親しまれてきました。」

どうやら暦とも関係があるっぽいですね。

20120910-154535.jpg

国指定史跡ってことで、副葬品は東京で所蔵。
・・・持ってっちゃったのね。

でも写真右下のいかした金の耳飾りは春日市にあるとか。
いつか見に行ってみたいです。

20120910-154606.jpg

ホントに前方後円墳なんですよね。

こんなものがこの細道の奥にあるとは、知る人しか知るまい、といった感じです。

20120910-154650.jpg

崩れるので上に登ってはいけない、って書いてあるんですが、もうすぐお彼岸ですよね、

大根地山から日が出るんでしたっけ?

・・・いえいえ、登りませんよ(^^;) 登りませんとも

ひもろぎ逍遥さんが詳しく書いてくれています。
自分用メモを兼ねてリンク。
いつもながら感謝です。上に登ってるし(^^)

コメント

  1. かおたん より:

    うひひ、もうすぐお彼岸!
    昇って日の出をぜひ♪
    朝早くなら誰も〜。
    見つかったらどんな罰が?(汗)

    • at より:

      うひひ、ホント、もうすぐお彼岸ですね(^^)
      晴れるのかな・・・うひひ(^^)

  2. より:

    のぼらんでや

    • at より:

      あさん、こんばんは (*^^*)

      は、はい、のぼ、、、、り、、、ま、、、
      もうしません〜〜 (^^;

      コメントいただいてたのに、気づくのが遅れて失礼しました。