ノボルト(NOBOLT)開業はいつから?料金・駐車場〜利用は何歳から?

ノボルトがマリノアシティにオープン お店

ノボルト(NOBOLT)がマリノアシティに開業します。
実際に体を動かすレジャー施設で、本格的なトレーニングから子どもづれまで、さまざまな楽しみかたが可能。

ただ、これまでにない施設なので、具体的に何ができるのか?
また、利用方法や料金、駐車場などはどうなっているのか?
このあたり、期待をこめてまとめました。

*アイキャッチ画像出典:https://www.taito.co.jp/Content/images/zone/0/news/201407/247b8a7a-d9ca-46f7-be82-ff6a860e8bff_p_01_ja.pdf

スポンサーリンク

ノボルト(NOBOLT)とは?

ノボルトは、アスレチックとエンタメを融合した、新しい形のレジャー施設。
面積約4,000平米、高さは約20mの屋内に、16のアトラクションがもうけられています。
友達同士はもちろん、は家族レジャー、あるいは個人的なトレーニングなど、幅広いニーズに対応しています。
夢中で遊んでいるうちに相当な運動量になるので、案外ダイエットにもいいかも。

ノボルト、施設の内容

ノボルトの全体図

*画像出典:https://www.taito.co.jp/Content/images/zone/0/news/201407/247b8a7a-d9ca-46f7-be82-ff6a860e8bff_p_01_ja.pdf

代表的なアトラクションは次のとおり。

ロープマウンテン

ノボルト(NOBOLT)
*画像出典:https://www.taito.co.jp/Content/images/zone/0/news/201407/247b8a7a-d9ca-46f7-be82-ff6a860e8bff_p_01_ja.pdf

ハーネスをつけて空中散歩。アスレチックコースは44種類。
一番高いところでは高さ13m。下を見て進むか、見ずに進むか、どちらにしてもスリル満点です。

ノボルト(NOBOLT)
*画像出典:https://www.taito.co.jp/Content/images/zone/0/news/201407/247b8a7a-d9ca-46f7-be82-ff6a860e8bff_p_01_ja.pdf

バードグライダー

ノボルト(NOBOLT)

*画像出典:https://www.taito.co.jp/Content/images/zone/0/news/201407/247b8a7a-d9ca-46f7-be82-ff6a860e8bff_p_01_ja.pdf

建物でいうと4階の高さにあたる13m。そこから棒につかまって大滑空。コースはまっすぐではないので回転時にかかる遠心力もやみつきになりそう。

バラエティーウォール

ノボルト(NOBOLT)

*画像出典:https://www.taito.co.jp/Content/images/zone/0/news/201407/247b8a7a-d9ca-46f7-be82-ff6a860e8bff_p_01_ja.pdf
21種類のさまざまなデザインのクライミングウォール。難易度も選べるので、初心者から腕に覚えのある人まで、幅広く楽しめます。高さは8メートル。はじめは怖いかも知れませんが、やってみるとどんどんチャレンジしたくなるでしょう。

スポーツクライミング

ノボルト(NOBOLT)

*画像出典:https://www.taito.co.jp/Content/images/zone/0/news/201407/247b8a7a-d9ca-46f7-be82-ff6a860e8bff_p_01_ja.pdf

近年注目を集めているスポーツクライミング。
ノボルトではそのなかの「リード」「スピード」「ボルダリング」の全3種目が体験できますが、これらは国際スポーツクライミング連盟が認定する公式競技会で行われている3種目と同じです。
リード競技は、どこまで高く登れるか、
ボルダリングは、コースをいくつ制覇できるか、
スピードはその名の通り、いかに早く登りきれるか、
で勝敗が決まります。

C-sportsゾーン

ノボルト(NOBOLT)

*画像出典:https://www.taito.co.jp/Content/images/zone/0/news/201407/247b8a7a-d9ca-46f7-be82-ff6a860e8bff_p_01_ja.pdf

デジタルをフルに活用したスポーツアトラクション。モニターとセンサーを利用してパルクールやヨガ、子供向けのゲームなどを楽しめます。

アスレチックメイズ

ノボルト(NOBOLT)

*画像出典:https://www.taito.co.jp/Content/images/zone/0/news/201407/247b8a7a-d9ca-46f7-be82-ff6a860e8bff_p_01_ja.pdf

主に子どもや親子連れ向けの迷路アスレチック。
ジャングルジムの豪華なやつをイメージしてもいいかも。

トランポゾーン

いろいろなトランポリンが設えられていて、普段は経験できないジャンプ感、空中感覚を楽しめます。

スポンサーリンク

ノボルト、オープンはいつから

ノボルト(ノボルト)の開業は、2019年9月14日(土)から。

ちなみに、ノボルトの運営会社は株式会社タイトーと福岡地所。
タイトーはゲームでおなじみですが、アミューズメント施設の運営でも実績のある企業です。
福岡地所はキャナルシティ博多やマリノアシティ、北九州のリバーウォークなどを展開している、地元ではおなじみの企業。

ノボルト、利用は何歳から?

子どもも楽しめるノボルトですが、3歳がひとつのボーダーになっています。3歳未満の場合は入場料がかかりませんが、ベビーアイランドのみの利用になります。いずれも、小学生以下の場合は保護者の同伴が必要。詳しくは次の料金の項目をご覧ください。

ノボルト、利用方法、料金

利用料金ですが、基本は「通常プラン」か「キッズプラン」になるでしょう。
初回に登録料300円がかかります。

通常プランの場合だと、120分で利用料が2700円+初回登録料300円なので、一人3000円ですね。

小学生以下の場合保護者の同伴が必要で、その場合は付き添いプランを申し込むことになります。
この場合はキッズプラン1500円+初回登録料300円、保護者の付き添いプラン500円で、2300円となります。

いずれも税込です。

通常プラン

120分 2,700円/人(年齢制限なし)
※身長110cm以上、体重20kg以上

キッズプラン

120分1,500円/人(3歳以上)
※身長110cm未満、体重20kg未満
※アスレチックメイズ、トランポゾーン、ベビーアイランド(未就園児限定)のみの利用です。
※その他、個別のアクティビティで入場が制限されている場合があります。

付き添いプラン

500円/人
※小学生以下の方は保護者様の同伴が必須。保護者がプレイしない場合は、このプランで入場可能。
※「バードグライダー」は別途料金。

初回登録料

300円(アトラクションで使用するソックス付き)
※通常プラン、キッズプランご利用の初回に必要になります。※3歳未満の方の入場料はかかりませんが、ベビーアイランドのみの利用となります。

オープン記念プラン

開業記念として、9月の平日のグループ利用や9月の平日の夜間利用にお得なプランが設定されています。
お試しで行ってみるのによいと思います。
期間は2019年9月14日(土)~2019年9月30日(月)まで。

OPEN記念9月限定平日グループプラン
3名利用時、120分 2,200円/人
※WEB事前予約必須。

OPEN記念9月限定平日ナイトプラン
18:00~20:00回 2,000円(通常より700円OFF)
19:00~20:00回 1,350円(ご利用60分、料金は通常の半額)

ノボルト、営業時間・定休日

10:00~21:00(最終入場19:00)

※9月のみ特別営業時間
・9月14日(土)~16日(月・祝)10:00~19:00
・9月17日(火)~9月30日(月)平日11:00~20:00 土日祝10:00~20:00

定休日は第2木曜日。

ノボルト、場所、駐車場

ノボルトの場所は、福岡市のマリノアシティ内。
住所でいうと、福岡県福岡市西区小戸2-10-76。

ノボルトができるのは第三駐車場の一部。お城のような結婚式場の手前になります。

ノボルトを利用する場合は、マリノアの第三駐車場が最寄りです。

マリノアの駐車場
*画像出典:交通アクセス|マリノアシティ福岡:九州のアウトレット https://www.marinoacity.com/access/

駐車料金は平日が5時間無料。5時間まで無料(以降1時間毎に300円)。
土・日・祝・お正月3ヶ日は2時間無料(以降1時間毎に300円)。
F-JOYクレジットカードをもっているとさらに1時間無料になります。

第三駐車場の入庫可能時間は、
平日が9:45から23:00まで
土日祝が9:00~23:00まで
出庫は24時間可能です。

ノボルト、みんなの期待

スポンサーリンク

おわりに

ノボルトの予約受付はすでに始まっています。
お試ししたい人は、9月のキャンペーンを利用するのもよさそうです。

国内最大級の屋内型スポーツ・アスレチック施設「ノボルト(ノボルト)」|株式会社タイトー

コメント