ひとり遠足・志賀島1:潮見公園

   

志賀島・潮見公園


8月に入りましたね〜、夏も本番、夏休みも本番です!

とはいえ、ほんとに夏らしい時期って意外に短いですよね、
お盆過ぎると、寂しげな気配がほのかに漂いはじめます。
で、早めに夏を味わっとこうと、また海の方に行っちゃいました(^^)


訪れたのはこの前と同じ志賀島
よく晴れてたので、iPhone片手にあちこち回ってきたんですが、
一度には無理そうなので、いくつかに分けて書きますね。

下の写真、向こうに見えてるのが志賀島(しかのしま)です。
島なんだけど、手前の砂浜から陸続きになってるんで、車でスイスイ行けちゃいます。

「それって、島って言えるの?」て声も聞こえてきそうですが、
元々は離れてたのが、潮の関係でだんだんと繋がった、って感じなんじゃないかな。

ありますよね、浜の向こうに小島があって、それが潮の関係で繋がったり離れたりするところ。 たまに二時間ドラマに出てきたりもする、地元の名所(笑)

さてさて、今日はまず上の展望台から攻めていきますよ。
目指すは丸の中の建物です!

はいつきました(↓) 楽ちんですね・笑

20120801-145218.jpg
リアルでも、さっきの浜から車で10〜15分くらいなんですが、
展望台の駐車場に着くとこんな看板がそりゃ〜もういっぱい立ち並んでて、
あっとのプチ遠足気分を粉砕してくれちゃいます(^^;)

志賀島・潮見公園

「車内にバッグを置く」ことが、まるで水が上から下に流れるのと同レベルの法則として「ガラスを割られる」事態へとシームレスに連続、、、
どんだけ修羅の国なんですかね(汗) 「バ」が削られてるところも激しい抗争を思わせますね。

ともかく展望台の上に昇ってみましょう。
バッグ持って階段昇るのはきついので、車の窓は空けとくことにします。

20120801-145904.jpg
冗談はともかく、眺めはなかなかよいのです!
この夏もたくさんのカップルがここで思い出をつくることでしょう(一一)<ヒガムナ

画面中央を横切る陸地が、まん中ちょい右で細くくびれるところがありますね、
さっきの写真を撮影した砂浜はそのあたりです。

「オーーーーイ」って、そこにはもう誰もいませんが ヾ(´ε`*)ゝエヘヘ

奥のほうの海は博多湾、手前側は玄界灘になります。
365度のパノラマが楽しめます。(+5度は気持ちですんでお納めください。)

20120801-145933.jpg
対岸は福岡の臨海地区。
サザエさん発祥の地とも言われる百道(ももち)浜もよく見えます。
やや左でキラリと輝いてるのは波平さんの・・・ヤフードームの屋根です。
今年はホークス弱いんだよな〜(TT)

20120801-150000.jpg
ポン!(ベルト着用サイン点灯)
まもなく福岡に着陸です。

20120801-150112.jpg
こういうところを見ると、ここが潮見公園って言われてるのがわかる気がしますね。
昔から潮の流れ・様子を一望できる場所だったんでしょう。

あ、この場所、潮見公園(しおみこうえん)て言います、いまさらでした、すみません。

20120801-150033.jpg
これだけの晴天ですが、玄界灘の向こうはさすがにけぶっています。
ここから昔の人が半島や大陸に漕ぎ出して行ったかと思うと、たいへんな勇気だなと思いますね〜。

展望台を降りた場所には・・・

志賀島・潮見公園
さっきの立て看と大違いですね、「・・」の余韻に、願いが込められてます...

てか、そのへんのゴミも持ってけ、ってことですか、よく考えたら(^^;)

 - , 町の外