ひとり遠足・志賀島3:金印公園

   

金印公園(志賀島)

金印公園(志賀島)
喜平どん、働きもんじゃのー、こんなとこまで田んぼ広げよると?
おや秀治さん、いいとこに来てくれた! これ、なんじゃろなぁ?
・・・ん、なんね? ちっこいけどえらい光っとるな、
えらいきれいかろ? こっちたい、なんか書いてあるやろが、
わしに字なぞ読めるわけなかろが! 甚兵衛さんならわかるかも?


こんなやりとりがあったのかどうか、もはや知るすべもありませんが(多分ない)
歴史の教科書の最初のほうに出てくるかの有名な金印(きんいん)は、お百姓さんが偶然見つけたと言われてます。

で、その現場とされるのがこの場所。
今は公園になっています。

その名も、金印公園(きんいんこうえん)
・・・て、そのまんまです。わかりやすい!

20120802-214909.jpg

ご覧のとおりの階段です・・・暑いけど、ここまできたら登るしかないですよね〜(^^;)

20120802-214928.jpg

ハアハア…午前中とはいえ真夏の炎天下、日頃の運動不足がこたえます、
軽く汗ばみつつ、ちょっと広いとこに出ました↑。

んでもまだ上があるんですね・・・

すでに息切れてますんで、ひと息入れて振り返りましょう。

20120802-215000.jpg
よき眺めであります。

真ん中に金印の印面を象った碑。
解釈はいろいろあるそうですが、いちおう「漢委奴國王」と記されてるというのが定説。
・・・読み方わかりませんが(^^;)

正面は能古島(のこのしま)。

古い人?(^^)なら井上陽水の歌、知ってますかね?
能古島の片思い(*別ウィンドで開きます。動画なので音がでますよ.)

せっかくなんで、もう一段上、行っときますか (´Д`;)ハアハア…

20120802-215022.jpg

過去・現在を問わずお心あたりのある方は、博多湾を眺めながら片思いに身を焦がしといてください。
私はまだ先へいきますんで・・・(ゼエゼエ)

20120802-215046.jpg

階段、多っ!

金印公園(志賀島)

爽やかな朝の空気もどこへやら、もはや汗だくです・・・

海辺の高台にありがちな展望広場に出てきました↓
真ん中に金印を象った碑=現在地ってわけですね。
地図に「漢」とか「洛陽」とかって書いてあるのはちょっと珍しいかも。
にしても「倭」って自分で書いちゃうのどうなんだろ(^^;)

20120802-215136.jpg

ここって昨日書いた蒙古塚のすぐ近くなんです。

で、こっちの金印は中国の古い歴史書『後漢書』に出てくるそうで、
それによれば、後漢の光武帝が建武中元2年(57年)に奴国の使節に与えたもの、ってことになってます。

57年・・・最初の元寇が1274年ですから、それより1200年以上前の話なんですねー。

「ほ〜? キミたちあの辺で暮らしてんの? う〜ん、いいよいいよ、認めちゃるけん(てか正直あっちのほうボクよくわかんないし)、この印鑑あげるからちゃんと治めとき! あ、お土産そっち置いといて」 by 光武帝

て感じでくれたんですかね。(軽すぎるか)

20120802-215226.jpg
なんか光ってるなぁ、と思って近づいたら、案の定ご神体扱いになってました。

・・・・・・・

キョロ、キョロ..

・・・・・・・

300円くらいはありそうです。
まだ早いんで周囲には誰もいません。

20120802-215259.jpg

うわぁーーっ!!

悪魔の誘いを断ち切ろうと、その場を駆け離れました!

おかげで変な写真も撮れちゃいました。なんだこれ?

はっきり言ってもう汗だく。

もと来た階段降りた時には、体中にクモの巣のおまけまで(泣)
ほぼ朝一番に入ったようで、ひと晩かけたクモの苦労を根こそぎにしてしまったようです・・・
エサにされずによかった!

 - 史跡, 町の外