2012-11

お堂

拝殿奥の意外な輝き:大日堂

奴ノ国散歩もひと段落。 あまりにも天気がいいので、そのまま戻るのが惜しくなって回り道。 そういう時って、何か見つかることがけっこうあります。 目的が無い分、気持ちがいろんな方向に開かれるんでしょうね♪
古墳

さら地に浮かぶ過去・未来:奴国王墳発見の地

このあたりにあるはずなんだけどなぁ・・・ 奴国の痕跡をたどる散策も終盤です。 でも次の場所が、なかなか見つからない・・・

人知れず、月の夕焼け

寒い朝が続きます。 でも今朝はちょっと新しい発見が♪
古墳

赤井手古墳〜奴国って暮らしやす過ぎるな

奴国(なこく)の古墳巡り、とぎれとぎれですが次の巡礼地(?)へ。 下白水大塚古墳は傷だらけ、竹ヶ本古墳/は立ち入り禁止と連敗中、二度あることは三度ある?
とりとめもないこと

見えないもの、感じること

週明け早々ですが、ちょっとヘンなこと、書いてみます。
古墳

竹ノ本の奥の院:竹ヶ本古墳

iPhoneを片手に竹ヶ本古墳へ。 たよりは奴国の丘歴史資料館でもらった「春日市文化財マップ」。 こういう配りものをこんなに活用したことはないな〜 感謝 (^^)
町の外

宗像からの照り返し:背振神社(弥永)

那珂川町は南のほうで佐賀県と接しています。 その境にあるのが背振山(せふりさん)。 大なり小なり、その町の風景を象徴する山がどの町にもあるんじゃないかと思いますが、那珂川町の場合、まさにそれは背振山てことになりそうです。
古墳

傷ついた歴史:下白水大塚古墳

クリスマスが近づくと、ある世代の人たちは必ずあのCMを思い出します。
町の外

さりげなく謎だらけ:春日神社

いつも目の端に入っているけど、それだけにあたり前すぎる存在ってありますよね。 自分にとって、こちらの神社はそんな存在。
とりとめもないこと

レッドクリフと那珂川町(ん?)

ひさしぶりによく晴れました♪ 福岡県は九州だけど日本海側、 これからの季節、だんだんと晴れ間が貴重になってきます。 せっかくなので写真を撮り撮り、ちょっと歩いてきました。
史跡

古代の出雲大社、〇〇すぎ〜!

昨日、出雲の写真をご覧いただいたので、 ほかのも蔵出しさせてください。 いつかもっと勉強してからと思って撮ったんですが、 いつになるかわからないので (´⊆`*)ゞテヘヘ.
史跡

ぜんざいの国の輝き

那珂川町があるあたり、昔々は儺国(奴国)と呼ばれるけっこう大きなクニがあって、 お隣の春日市では王墓とおぼしき古墳が見つかってる。 そしてそこでは青銅器が盛んに作られていた、、、 奴国の丘資料館で知りました。