鉄の神殿・八幡の秘密

   


夏頃だったか、北九州に行きました。

福岡県の中でも福岡市は消費で賑わってるイメージなんですが、
北九州市は工業・産業。
すぐ思い浮かぶのは製鉄所です。


何といっても八幡がありますからね(^^) 
昭和の高度成長はもちろん、明治以来の日本の近代化を支えた漢(おとこ)の町って印象です。

と言っても詳しくないので、写ってるのが何の工場なのかすらよくわかってないんですが、、
ただ、蒸気と配管さえあれば十分、わけもなく力強い気分になってしまいます(単純・笑)
いちおう、八幡製鉄所の近く、というか区画内だと思うんですけどね。

大陸から運んで来た鉄鉱石を、地元筑豊で掘り出した石炭で溶かして製鉄する、
ここの地の利を思うと、この八幡という場所に出来るべくして出来た製鉄所という気がします。

しかも八幡という地名がまた思わせぶりじゃ〜ありませんか♪♪

八幡(やはた)って、字をみれば八幡(はちまん)さまと同じですよね。
みなさんのお近くにも八幡さま、もしかしたらあるんじゃないでしょうか?
関連するお社を含めると、全国にそれはもうかなりの数あるみたいです。

その大もとは、大分の宇佐にある宇佐八幡。
祀られてる八幡神は応神天皇(おうじんてんのう)だそうです。

その昔、おなかに子を宿しながら半島に攻め入って勝利したと伝えられる女傑、神功皇后(じんぐうこうごう)。このあたりの至る所に伝説を残していますが、そのおなかの中に宿ってた子こそ、ほかならぬこの応神天皇なんですよね。
行軍の途中の対馬で、皇后が八つの旗を祀ったそうなので、それが名前の由来になったのかも。

全国的には鎌倉の鶴岡八幡宮も有名です。
武家がこぞって八幡さまを信奉してきたのも、こんな勇ましい出自にあやかったのかなぁ・・・

あと、上のリンク先にさらりと書いてあるんですが、これ(↓)ってむっちゃ重要じゃないですか??

柳田國男は八幡神を鍛冶の神ではないかと考察している

鍛冶の神ってことは、鉄の神ってことでもありますよね?

そもそも鉄という素材は、古代史ではかなり大きなトピック。
歴史の順序としては、青銅器時代があって次に鉄の時代が来るわけですが、
鉄は加工が難しいハイテク製品で、青銅の剣は固い鉄剣に全然かなわない。
その意味で、鉄とその加工技術は武力そのものだったとも思います。

力の源でもある鉄・鍛冶技術への古代人の畏敬が、やがて武家の八幡信仰にも引き継がれていくのかな。

かつての八幡製鉄所で盛んに作られた鉄のうち、けっこうな割合が軍艦や戦車などの武器になったのだろうと思うと、八幡と鉄、八幡さまと武力の糸は、不思議なほど堅固に縒られたものに思えてきます。

そして巨大な製鉄技術そのものである製鉄所に、鉄と鍛冶の神サマとまったく同じ名前がついてるなんて、偶然とは思えないですね〜〜(^^;)
昔の八幡製鉄所は近代日本の守護神殿そのものだったんじゃないかな、ってふくらませ過ぎですかね?

 - 町の外, 神功皇后, 神社