2013-02

町の外

社の前のライブ場:志式神社・1(奈多の志式座)

竹下の那珂八幡宮と武内大神を見た後、 脚を伸ばして博多を通り過ぎ、海の中道のほうへ車を向けました。 早春の海♪ いい響き(^^)
とりとめもないこと

春色の深まり

見えなかったものが見えてくるってこと ホントにあるんだな〜、ってこのごろ思う。 向かってくるイケメンの背後に濡れた髪の女性がちらついたり、 公園で遊ぶ子どもの人数が、見えてるのと合わなかったり、、、
町の外

臣下の人望?:武内大神

JR竹下駅の正面の通り沿いにある那珂八幡宮。 古墳の上に建てちゃってるってことでちょっと驚きました。 で、登った階段とは反対側、本殿の裏手にも階段があったので、そちらから降りてみると、、、
古墳

古墳の上の八幡神:那珂八幡宮

好天の週末、基準値越えのPM2.5が舞うなかを小ドライブ。 天気がいいとじっとしていられませんね(^^;) 目的地は決めなかったのですが、あちこちひっかかってすぐに時間が過ぎてしまい、けっこう忙しかったw 最初に立ち寄った...

癒しを希う森の水辺:牛頸ダム・2(いこいの森水辺公園)

那珂川町のお隣、大野城市の牛頸ダム、 堤の部分から少し奥に進むと、ダム湖を利用した公園があるんです。 ここが穴場の癒しスポット、のはずなんですが・・・
町の外

春待つ堤:牛頸ダム・1

平野神社を後にしてさらに南へ。 ゆるやかに続く長い坂を、車での〜んびり登って行きます。 このあたりって広々してて、とってものどかなんですよね〜
町の外

故郷に錦の独眼神:平野神社・4

大野城市牛頸にある平野神社、前回までに拝殿・絵馬堂・奥宮と歩きましたが、それぞれ立派で見ごたえがありました。 こうした地域の神社としては、正直やや意外なほど、、、 と思ったら、強力な守護神がもうひとり!
町の外

暮らしを見守る奥宮の聖帝:平野神社・3(奥宮)

那珂川町からほど近い、大野城市牛頸の平野神社、 立派な樟に迎えられ、さわやかに光射す拝殿と、鮮やかな歴史絵巻満載の絵馬堂を見てけっこう満足♪ ですがその奥に、またひとつ見所が・・・
町の外

神話〜明治の歴史絵巻:平野神社・2(絵馬堂)

大野城の牛頸(うしくび)にある平野神社、 前回見ていただいた立派な拝殿のほかにも、いくつか見所があります。 なかでも見逃せないのがこちら。
町の外

樟の光のまとい方:平野神社・1

隣の大野城市に、牛頸(うしくび)という地区があります。 変わった名前・・・というか、どうしても牛の生首を想像してしまうのは、自分だけでしょうか(^^;) いわくありげなんですが、そこにとても素敵な神社があるんです。
古墳

橋と古墳のエゲコンボ(謎)

ヤンバラ池に行ったときに歩いた林道エゲ平石線、 平石はいいとして、その「エゲ」って何なの? って思わず萌えました♪ カタカナ地名って、なんかそそりますよね〜!! え? 自分だけ?(^^;)

展望好きの上の上:米ノ山展望台

先日の連休、日射しに誘われて篠栗(ささぐり)町に行きました。 車で40分くらいでしょうか、弘法大師ゆかりの地らしく、お寺が多い印象。 ネットで見ると山岳信仰や真言密教が古くから盛んだったとのこと・・・