2013-03

公園

桜霞に囲まれて:安徳公園

今朝は曇り、 と言っても冬のどんよりとは違い、春霞のおもむき♪ いろんな方向からの光にほんわり身を包まれて、 穏やかに散歩しました。
町の外

知らないことは、増すばかり:牛頭天王・八幡宮

福岡空港の近くの東平尾公園、 先日の丸尾展望台もそうですが、周囲一帯で桜が見頃。 好天のなか、花色につられつつ、ぶらぶら散歩を楽しみました。
リュウゼツラン

アノ植物は今・・・?

気づいてみれば三月も大詰め、 日の出もすっかり早くなり、 早朝の散歩も日の射すなかを歩けるようになりました。
公園

薄紅の力のふるさと:丸尾展望台

早春を告げるのが黄色なら、 春の盛りを謳うのはやっぱり桜。 景色を彩るうす桃色は、 人生の節目の光景とともに記憶されていきます・・・
町の外

ハルイロハラヅル:原鶴温泉・2

今日はズバリ、黄色でまとめてみます♪
温泉

釣果のかわりに:原鶴温泉・1

むか〜しむかし、 筑後川に沿ったこの地にしては珍しく、 雪が続いた冬がありました。 食べる物も底をつき、仕方なしに魚をとりに出かけた作兵衛どん、 川縁に妙な場所を見つけます。

風景は大河のゆりかご:景石神社・2

宗像の先、岡垣町にある景石(けいし)神社。 細〜い道の奥にひらけた土地があり、その傍らにひっそりとありました。どこか那珂川町の風早神社を思わせるたたずまい♪ 付近の雰囲気があまりに素敵だったので、撮りまくっちゃいました。
町の外

枯れ葉に埋もれた白黒の逸話:景石神社・1

鐘崎の織幡神社に行った時、地図上にちょっと変わった神社の名前が・・・ 何て読むんだろ? 引き返すにはまだ時間も早い、行かねば〜 (^^)
とりとめもないこと

グラデーションが繋ぐもの

暑い寒いを繰り返しながらも季節は進み、 このところはもうすっかり春めいてきました。 桜もちらほら咲き始めてますから、 まさにお彼岸過ぎれば、って感じで春本番になりそう。
史跡

もしかしてウハウハ?:鐘崎(上八)貝塚

鐘崎(かねざき)ぶらりドライブをつづけます(^^) 古くからら人が暮らして来た足跡が伺われる鐘崎ですが、 今回は神社とかよりケタ違いに古い、「貝塚」です。
町の外

寿命300終焉の宮:織幡神社・2

那珂川町内現人神社に祀られている住吉三神、 福岡市内宗像市内の鐘崎にある、こちら織幡神社にも、その名前がありました。 こちらの主祭神は武内宿禰(たけのうちのすくね)。 五代の天皇に仕えた寿命300歳とも言われる伝奇的人物です。...
町の外

そっちのハタか〜:織幡神社・1

鐘崎漁港の端から突き出た岬の先に、小高い山があります。 海面からにょきっと突き出た感じでちょっと特徴的。 その山のふもとにあるのが、こちらの織幡(おりはた)神社。