木漏れ日は丸くおさまる

   

20130610-173902.jpg
この頃少し梅雨らしくなってきましたね。

でも、どんより重くたれこめる厚い雲の上では、
着々と夏空が準備されてるんでしょうね。


こんな具合に (*^^*)

20130610-173733.jpg

小さめですが入道雲、
そこへ向かう一筋の飛行機雲、
斜めに交差している白いモヤも、飛行機雲の跡でしょう。

陽水の「少年時代」が聞こえてきそう・・・(^^)

20130610-173801.jpg

夏は木漏れ日の季節。

高くなった日が垂直に近い角度で地上に照りつけ、
樹々は目一杯掌を広げて、それを受け止めます。

その指先ならぬ葉の間からこぼれ落ちたのが、木漏れ日。

・・・て、説明するまでもないですね (^^;

20130610-173851.jpg

丸が木漏れ日の基本。

円と円が重なって、その濃淡が地面に絵画的な空間を生み出します。
こうしてみると水玉みたいですよね。

日食の時には三日月になったり、ドーナツ型になったりするのですから、
この円は太陽の形なんでしょうね。

そういえば水も、自由にしてあげると丸い滴になりますね。
自然には丸好きが多いのかな♪

20130610-173902.jpg

このむにゅむにゅしたのも木漏れ日。

葉っぱの影が周縁部から浸食され、エッジが甘くぼやけてます。
さっきの水玉を考えると、単にぼやけてるんじゃなくて、円形になろうとする力(?)が働いてると思ってもいいのかな。
すでに小さな円が、ところどころにできてるようにも見えます。

・・・自分は木漏れ日というと夏を連想してしまうんですが、
人それぞれなんですかね〜、

みなさんはどの季節を連想するんでしょう?

ちなみに、俳句の季語にはなっていないそうです(#^-^#)
正解がない質問て、いいですね♪

 - とりとめもないこと, , 植物, , ,