海の向こうへディスプレイ:筥崎宮・5(大鳥居)

      2015/10/17

20130718-210854.jpg
立派な楼門いわれの深い筥松西の末社に祀られた神々。
見所いっぱいの筥崎宮♪

もっと詳しく見たかったのですが、
何せ裏手は蚊が多かった


てことで、正面に戻ってきました。
ポリポリ…かゆ〜〜(^^;)
(何故か蚊にくわれやすいのです.)

20130718-210830.jpg

一の鳥居あたりから見た楼門。
あの囲いの中にも入ってみたいんですけどね〜、、、

20130718-210843.jpg

仕方が無いので参道を下って行くことにしました。
こちらは二番目の鳥居。やはり根元が太い、でっぷりした形式です。

参道はまだまだ先へ真っすぐに伸びています。

20130718-210854.jpg

参道を直交する形で通る国道三号線に近づくと、その手前に桁違いに大きい鳥居が見えてきます。
ヒューマンスケールをはるかに超えて、何やら異様な威圧感。

20130718-210908.jpg

三号線を渡った向こう側にもまだ参道は続いていて、一番先まで行くと砂浜に出るはずです。
残念ながらこの日は柵が閉まっていて、これ以上進めませんでした。
(写真は柵の間からiPhoneをのぞかせて撮りました。)

20130718-210922.jpg

あらためてさっきの大鳥居を振り返ります。

「敵国降伏」と掲げられた楼門へと続く大鳥居、
どっしりとした構えをもって、海の向こうへ睨みをきかせてる、と解釈するのが自然なように感じます。

20130718-210933.jpg

大鳥居の側に看板みたいなものが立っていて、そこの絵から昔の様子が垣間見えました。

ひときわ大きな拝殿・本殿と、楼門を中心にしてそれを取り囲む建物。
囲いの外側にはいくつかの小さな建物が描かれているのですが、それぞれ末社のようです。
平井社、高良、若宮八幡、乳母子社、愛保社などと記されていて、前回までに見ていただいた現在の末社との関連が明らかなもの、謎なもの、双方あります。また何かいろんなことがわかってきそう♪♪

興味は尽きませんが、今回の筥崎宮探訪はここまで。
まだまだ見足りないところ多数、謎も興味もいっぱい残してしまったので、
また別のひっかかりができた時に来てみたいです(#^-^#)
おつきあい、どうもありがとうございました\(^0^)/

 - 町の外, 神社