ひとり遠足・志賀島2:蒙古塚

志賀島・蒙古塚 史跡

志賀島・蒙古塚
町を出て、夏の盛りを楽しむひとり遠足・志賀島、
潮見公園の展望台で楽しんだ後は下に降り、海沿いの道をたどります。


ここは蒙古塚(もうこづか)っていうところ。
読んで字のごとし、蒙古軍のお墓、ってことですよね。

北部九州の沿岸の歴史は、蒙古襲来抜きには語れません。
あんまり言われてませんが、数少ない本土決戦の古戦場なんですよね、福岡って。

20120802-093317.jpg
こういう↑とこです。
中心に大きな碑があって、その周囲にも大小さまざま、立ち並んでます。

傍らの説明書きにはこうありました。

蒙古塚(蒙古軍供養塔)
この地は、文永11年(1274年)および弘安4年(1281年)の二度にわたる元寇襲来の古戦場とされ、古くは「首切り塚」とも呼ばれていました。この供養塔は、文永・弘安の襲来の際に戦死した元(モンゴル)軍の兵士のため、昭和2年(1927年)に日蓮宗の僧高鍋日統(たかなべにっとう)の提唱で建てられました。
昭和13年(1938年)には蒙古連盟自治政府の指導者である徳王(とくおう)も参拝され、現在は中央区にある勝立寺の飛び地境内として祭祀されています。

志賀島・蒙古塚

く、くびきりづか〜〜(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

ここ、刑場だったんですかね??

ネットで探すといろいろ出てくるんですが、
解説が微妙に違ってて、いまひとつはっきりしません。
とにかく、なむ〜・・・

20120802-093426.jpg

この見慣れない文字や記号は、宗派によるものなんでしょうか?
照りつける日射しは暑いのですが、背筋に冷や汗が、
とりあえず、晴れててよかった。

志賀島・蒙古塚

ここは2005年3月の福岡西方沖地震の際に被害にあってしまい、その後再建されたそうです。
上の写真の碑は、もとからあったものの一部みたい。

20120802-093453.jpg

それにしても、敵軍の慰霊をすることは珍しくないと思うのですが、
建てられるにあたっては何かきっかけがあったんでしょうかね・・・。
ちょっと気になります。

正面には博多湾から玄界灘へ抜ける海が広がっています。

普段はあんまり意識することがありませんが、「国境」というものを少し感じました。

コメント

  1. NACHIKO より:

    あっちゃん、こんにちは~♪昨日は諸事情でブログにお邪魔することができなかったので、今日2つとも読ませてもらいましたよ♪昨日の志賀島から見渡す美しい景色と最初の写真の雲に思わず目を奪われました。とっても素敵で癒やされますね~(^.^)今日の蒙古塚のお話に歴史上では結構残酷なこともたくさん繰り返されてきたんだなぁとあらためて思いましたが、敵国の慰霊をしているというのにはちょっと救われるような感じがします。それにしても美しい海と空・・そしてあっちゃんのユ―モアたっぷりの分章に魅せられてる私です(*^_^*)

    • at より:

      なちこさん、こんにちは。いつもコメント、ほんとにありがとうございます。どうかご都合のよい時にご覧くださいね。
      そうですよね、慰霊してるってことは救われますね。かなりの激戦だったようですから幕府軍もそうとう痛手を負ったのでしょうけれど。
      世界史上最大の世界帝国からよく守りきったものだと思います(冷汗)
      やっぱり青空、青い海はいいですよね〜

  2. ecru(keiko.h) より:

    あっとさん、こんばんは!
    ここで決戦されたんですねぇ。
    首つりも!?
    福岡は昔も今も激しいですね!?(笑)
    慰霊碑、建てられるきっかけがわかるとおもしろいかもですね。
    あっとさんのお散歩、深いです(≧▽≦)

    • at より:

      けいこさん、こんばんは! またのお越し、ありがとうございます♪
      どんな風に戦いが展開されたのか、実際にはよくわからないんですけどね、なにせ古い話なので・・・
      この前見てきた、同じく元寇がらみの亀山上皇像は事情がてんこもりっぽかったのを、つい思い出しちゃいました(^^;) こちらは慰霊が目的ですから、リュウゼツランの時みたいな胸温まる建立の事情があって欲しいものです。

  3. かおたん より:

    今度は蒙古塚ですか〜。
    随分昔の慰霊を700年以上過ぎてしたのですか〜?
    敵国の慰霊をするのは人道的に素晴らしいですが、元寇の時のこちらの犠牲者の慰霊碑はどこに?
    そんなことが気になったりして(^_^;)
    見知らぬ地の見知らぬ歴史に触れるのは面白いですね〜!
    あっちゃん、これからもジャンルにこだわらず色んな紹介を楽しみにしてますよ〜\(^o^)/

    • at より:

      そうだよね、なんかちょっと引っかかる感じが、、、なんでこの時こういう流れになったのかなぁ。
      いざ鎌倉っていうんで、当時の幕府軍には関東の人もたくさんいたかもね。どこかに祀られているんだろうか、、、