赤井手古墳〜奴国って暮らしやす過ぎるな

古墳


奴国(なこく)の古墳巡り、とぎれとぎれですが次の巡礼地(?)へ。

下白水大塚古墳は傷だらけ、竹ヶ本古墳/は立ち入り禁止と連敗中、二度あることは三度ある?


正直ちょっと意気消沈してました。
あんまり知られてない所は、何かそれなりの理由があるのかもな、とかって。

でもこの赤井手古墳、竹ヶ本古墳とほぼ目と鼻の先、行かないものナンです。
いったん坂を降りて、また登る、、、

20121119-160022.jpg

おー、これだねきっと。竹ヶ本古墳と同じように高台にあるんだ!

20121119-160034.jpg

階段の上は児童公園とかになってそうな雰囲気。
その一角にあるのかも♪

20121119-160104.jpg

って思ったら、遊具とかいっさい無く、古墳中心でしたっ!

20121119-160136.jpg

6世紀初頭に築造された、径約30m、高さ3〜5mの規模をもつ円墳 て書いてあります(*斜体は引用です)。

このあたりからは 旧石器時代の石器も出土し、1万年以上も昔から生活の場となっていた

・・・ってすごいです。
旧石器と聞いて思わず

が浮かんじゃいましたが、そこまでじゃないですね(^^;
(*画像はhttps://blogs.yahoo.co.jp/sharmanqueen/7279586.htmlからお借りしました。)

定住集落が営まれたのは弥生時代中期中頃(今から約2100年前)と思われます。

あらためて、このあたりって暮らしやすいとこなのね、、、と妙に関心しちゃいましたよ(^^;)

20121119-160212.jpg

それにしてもこんな素敵な(っておかしいかな?)古墳に出会えて大満足。
高台にあるだけに眺めも清々しく、連敗ムードも一気に吹き飛びました。

20121119-160231.jpg

周囲に柵があって引きがあまりとれないので、全体がよくわかりません。
この角度から見ると、円墳というより前方後円墳ぽい盛り方にも見えます。

20121119-160305.jpg

うーん、いい気持ち、歩いて来てよかったな。

関係ないけど、地元スーパーのマルキョウが見えます。(山の下のオレンジのマークね)

このマルキョウ、POSが当たり前のこの時代に、つい何年か前までボタン式の手打ちレジでした。
それだけなら時代遅れのローカルチェーンてことで片付けられそうですが、どの店に行ってもレジ打ちのスピードが舌を巻くほど!
混雑時は釣り銭を暗算で出せる精鋭部隊を揃えていました。そのため私にとってマルキョウのレジは、選ばれし人々の職人芸を見られる小さなアトラクションだったのですが、さすがに現在は誰でも操作できる高機能なレジが導入されてしまいました。
熟練部隊のその後が、実はちょっと気がかりです。

20121119-160316.jpg

ここって、春には地元の人たちのお花見スポットになってるんじゃないかな♪

スポンサーリンク

赤井手古墳の場所

赤井手古墳の場所は、春日市になります。
地図で示すとこちら。

コメント

  1. かおたん より:

    連日こんばんは〜(^m^ )

    赤井手古墳、当たりで良かったですね〜♪
    その石の蓋みたいなのはやはり古墳関係?それともただのベンチ?

    にしてもホントに古墳王国ですな〜!
    庶民じゃ古墳なんて考えられないから、そこそこの人物なんでしょうし〜。
    でも日本全国あちこちに古墳あるにしても、割合から言ったらそちらは多いんでしょうね〜。

    秋晴れの下、歩いて散策♪ ホントに優雅な時間ですね、贅沢な時間ですよ♪
    心にも身体にもとてもいいでしょうね〜。歩くのが一番!
    私ももう少し時間に余裕が持てるようになったら、朝のお散歩日課にしたいな〜♪
    朝日を浴びてピンシャン生きるのだ!おばあさんになっても(笑)

    マルキョウ、早打ち精鋭隊!簡単レジでも生き残っててほしいです(๑˃̶̀⌄˂̶́๑)

    • at より:

      かおたん、またまたありがとう〜(^0^)/

      そうですねー、きっとその当時の偉い人のお墓なんでしょうね。偉い人がいるってことは、それを支えるたくさんの人もいたってことなんでしょうから、それなりに大きな集落があったんだろなって思います。

      古墳もアレですが、その当時の人たちって、どんなこと考えて生きてたんだろ、って思います。
      例えばお金って、あったんでしょうかね?
      ヘンなこと言うようですが、愛とかって考え方、あったのかな〜(^^;)

      わはは、マルキョウの話題にも触れてくれてありがとう〜!
      いろんな局面で、熟練労働の価値が失われてるのが寂しいですね。

  2. NACHIKO より:

    こんばんは~☆今回は三度目の正直で古墳に出逢えたんですね~!弥生時代にはその高台から見える景色はどんなんだったんでしょう~♪きっとあっちゃんが想像したようにとっても暮らしやすくて平和な生活がいとなまれていたのかも知れませんね~。それにしても古墳がこんなにたくさんある街なんてビックリです~!春のお花見の頃にはきっと美しいところなんでしょうね~(*^-^*)

    • at より:

      なちこさん、こんばんは(^^)
      いつも気にかけてくださって、ありがとうございます!

      当時ですよね〜、平和な世の中がそれなりに長く続いたのかなって思う一方で、剣や矛が見つかってるし、集落の遺跡は壕に囲まれてたりするんで、それなりの緊張もあったのかなと感じます。
      農耕をするとどうしても土地争いみたいなことが起こってしまうんでしょうね、、、
      ざっくり見ると、基本的に今もあんまり進歩してないような、、、(^^;)