風浪宮で聖地巡礼!口コミ、行き方、駐車場(大川市・福岡)

風浪宮(アイキャッチ) ドライブ

風浪宮(ふうろうぐう)は古くから伝わる
大川市の神社。

国指定重要文化財の本殿と石造五重の塔、
県指定の天然記念物の白鷺の大楠などを
擁し、よく手入れされた境内が気持ちいい。

加えてここは、北部九州の神話巡りの、
まさに “聖地” のひとつでもあるのです。

今回はこの風浪宮について、
神社めぐりが趣味の“そぞリスト” の at(あっと)が、

などを画像付きでレポートしました。

神功皇后(じんぐうこうごう)の名前で
ピンと来る人にはマストな神社。

神社めぐりに興味がある、という人にも
後々、よい手がかりになる場所です。

ご案内している場所の一部では コロナウイルスの感染防止の観点から 臨時の休館、利用制限などの措置が 取られているケースが見られます。 実際にお出かけになる場合には、 公式サイトなどで最新の状況を ご確認なさることをオススメします.

スポンサーリンク

風浪宮で聖地巡礼!見どころ


風浪宮

風浪宮は1800年を超える由緒をもっている、
大川の代表的な神社です。

でも権威的な感じではなく「おふろうさん」
と呼ばれ、地元で親しまれています。

風浪宮の宮司の阿曇さんは創建時から
続く家柄で、初代は阿曇磯良(あずみのいそら)。

この阿曇磯良がすごいのが、
海の民・安曇族の祖神にして住処は海底、
顔にはアワビや牡蠣がこびりつき、
潮の満ち引きを操る干珠・満珠をもって
神功皇后の三韓遠征を勝利に導いた
スーパーに濃いキャラクターなんです。

遠征を成功させた皇后がここ大川に
帰還すると、その船に一羽の白鷺が
突然現れ、東北へと飛び去った。

皇后はその白鷺こそ自分たちを庇護してくれた
神の化身と思い、この地に神社を創建。
海上司令官だった阿曇磯良にその社を任せ、
以来その子孫が代々宮司をつとめている、
というわけです。

実際、風浪宮の境内には磯良塚があり、
拝殿の脇には磯良像も置かれています。
必見です。

風浪宮の阿曇磯良像

ちなみに玄界灘に面する志賀島の
志賀海神社も阿曇磯良ゆかりの神社で、
三韓遠征出発時の物語を伝える絵巻が
伝わっており、島の各所にも故事に
ちなんだ地名が残っています。

個人的には、往路は志賀海神社
復路はおふろうさん、と憶えています。

風浪宮・白鷲の楠

北部九州には神功皇后にまつわる神社が
たくさん残っていて、その逸話を丁寧に
拾っていくと、パズルを繋ぐように
ストーリーを楽しめます。

いわば日本書紀の “聖地巡礼”。
風浪宮はその重要スポットのひとつ。

御朱印集めも楽しいですが、
神社めぐりに奥行きが欲しい人は
頭の隅にとどめてみてください。

風浪宮・石造五重の塔

2月の風浪宮大祭(おふろうさんまつり)は
筑後地方の三大祭りに数えられる賑わい。
10日に行われる「裸ん行」や、流鏑馬が
人気。

また4月には沖詣り海神祭(おきまいりかいじんさい)
という、故事に倣った神事が行われます。

→ 現在地から風浪宮への経路を表示する

風浪宮 トップに戻る

風浪宮のネットの口コミ

風浪宮

おふろうさん、2月の大祭がにぎやか。巫女舞と流鏑馬もあって嬉しい。

「裸ん行」の大うちわにあおいでもらうと縁起がいいそうだ。元気に開運!

1800年も続いてるってすごいけど、ずっと阿曇氏が祭祀ってとこもっとすごい。

松田聖子さんの祖先のお殿様・蒲池鑑盛という人が再建したんだって。

*SNSを参考に私がアレンジさせていただきました。
風浪宮 トップに戻る

スポンサーリンク

風浪宮の場所と駐車場

風浪宮の場所と行き方

風浪宮の所在地(住所)は、
福岡県大川市大字酒見726-1

地図で示すと場所はここ。

次のリンクはあなたの現在地からの
行き方をgoogleMapsで示します。
*位置情報を有効にしてください。
→ 現在地から風浪宮への経路を表示する

風浪宮 トップに戻る

風浪宮の駐車場と駐車料金

道路を挟んだ向かい側に無料駐車場があります。
施錠される時間帯もなく、随時利用可能だそうです。

風浪宮 トップに戻る

風浪宮の拝観料はいくら?

通常のお参りは無料です。

風浪宮 トップに戻る

風浪宮の参拝時間と休日

通常の参拝であれば時間の制限はありません。
社務所は8時~17時まで。

祈願は通常、8時半から16時半まで。
元旦は0時半~2時と6時~21時、
正月2日から3日については7時~19時となっています。

風浪宮 トップに戻る

風浪宮の周辺のドライブスポット

風浪宮の周辺・関連のドライブスポットを
ご案内します。
リンク先のページには、あなたの現在地からの
経路を示すボタンがついています。

清力美術館

清力美術館の珠玉感!口コミ、行き方、駐車場(大川市・福岡)
清力美術館(せいりきびじゅつかん)は、 明治の洋館を利用した美術館。 特に内部は当時の雰囲気をよく残していて、 タイムスリップ感覚を味わえます。 今回はこの清力美術館について、 レトロ建築と小さな美術館好きの“そぞリスト”...

古賀政男記念館

古賀政男記念館の見どころと駐車場・休館日・入館料(大川市・福岡)
こんにちは at(あっと)です。 福岡周辺の、日帰りで行ける ちょっとしたドライブスポットを ご紹介しています。 今回は大川市の[古賀政男記念館]。 音符を冠し、どこか教会を思わせる 可愛い建物に、昭和歌謡の巨人・ ...

昇開橋

筑後川昇開橋に行こう!口コミや駐車場、休業日
筑後川昇開橋はレトロ感漂う鉄橋で、 観光名所として知られています。 - 気持ちのいい景色を見たい - お金のかからない名所を探している - レトロ好き、鉄道系が好き そんな人に、おすすめです。 筑後川の雄大な河口にある古...


風浪宮 トップに戻る

スポンサーリンク

風浪宮 まとめ

風浪宮の見どころ

風浪宮・拝殿の阿曇磯良像

1800年余りの歴史をもつ神社で、
宮司は代々阿曇氏がつとめる。

『日本書紀』に登場する神功皇后の
ストーリーの要地のひとつ。

風浪宮の場所
福岡県大川市大字酒見726-1

風浪宮の駐車場
無料駐車場有り。

風浪宮の拝観料
通常のお参りは無料です。

風浪宮の参拝時間
随時可能。

風浪宮の休日
無休。

風浪宮のサイト
風浪宮(公式)(別タブで開きます)

記載した情報は訪問時のものです。
公開してから時間がたっている場合
変更されている可能性もありますので
その点どうぞご了承ください。

ご覧下さり有り難うございました。
小さな発見のお手伝いになれたら、
とても嬉しいです。



この記事を気に入っていただけたら
twitterなどでフォロワーさんに
広めてくださると励みになります。
よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

コメント