那珂川市の甲木工房〜行き方や場所・駐車場も(テレQ・雨ニモマケズ)

甲木工房も出展していた五陵展 お店

わが那珂川市に昔からある手仕事工房といえば甲木工房かつきこうぼう)。染色家・甲木恵都子かつき えつこ)氏が那珂川の源流の水質にほれこみ、わざわざ東京から移住して開いた手織物の工房です。

今回その甲木工房がテレビにとりあげられるということで、那珂川住み20余年を数えたわたしが、情報を復習してみました。

*アイキャッチに使用している画像は、旧那珂川町で開催された五陵展の様子。この時、甲木工房も作品を出品していました。

スポンサーリンク

甲木工房は那珂川市の作家・工房ブームの先駆者

近年、福岡市の周辺に移住して工房を開く作家さんが増えていると聞きます。閑静な風土と利便性が、クリエイティブな仕事をするのにちょうどよいのでしょうね。

そのなかでも那珂川市の甲木工房は草分け的な存在。私が暮らし始めた20年前にはすでにありましたので、一定の歴史があることになります。当時も作家さんは幾人かいましたが、作品の質はひときわ傑出していて、全国区の作家さんというイメージが強い。

私が甲木先生の作品を見たのは、
・太宰府の国立博物館での展示
・ミリカローデンでの平家物語のエキシビション(正しいタイトルは忘れました)
・中ノ島公園併設のギャラリーでの五陵展を2、3回
くらいなのですが、いずれも見応えのあるものでした。

「那珂川の水に惚れ込んで移住を決めた」と聞いたのはミリカでの展示会の時だったと思います.

もちろん、作品への取り組み方は作家さんによっていろいろあってよいと思いますが、甲木工房の織物には趣味の延長で作られた小ぎれいなもの・小洒落たものとは全く別の風格があり、ちょっとした町のイベントなどで一緒にされてしまう少し気の毒な気がすることもあります(個人的な感想です)。

ちなみに甲木恵都子氏は日本工芸会正会員。
日本工芸会は日本を代表する工芸家が所属する我が国の工芸文化のコア的な組織で、正会員は全国でも1300人くらいしかいません。ことさらに権威的なものをとりあげるのもアレですが、日本の市町村数は1740くらいであることを考えると、ご町内(市内)にこういう文化人がいるのは嬉しいことです。

公益社団法人日本工芸会は、重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝)を中心に伝統工芸作家、技術者等で組織する団体です。
現在、工芸分野重要無形文化財保持者59人中、日本刀、手漉和紙等分野を除く48人を含め正会員約1,300名が所属しております。*出典:日本工芸会について-公益社団法人日本工芸会 https://www.nihonkogeikai.or.jp/about

スポンサーリンク

甲木工房の作品

甲木工房の作品は草木染めの紬。絹織物ですね。
天然の素材から手間をかけて生み出される繊細な色合いが目立ちます。

本格的な着物の作品はたいへん高価なものになると思いますが、テーブルセンターやのれん、コースターなどもあって、このあたりは比較的手頃な価格で入手可能だった記憶があります。

ちなみに市の文化施設であるミリカローデンのエントランスには、甲木先生の作品のタペストリーがかけられています。
個人的には甲木紬の魅力はもう少し繊細な色味かと思うのですが、ディスプレイという用途に配慮したものなのかも知れません。

同じくミリカローデンで毎年行われる織物体験は人気のイベントで、コースターを作る指導を、甲木先生や工房の方が直接してくださるそうです。

甲木工房に行くには?

工房の場所はすぐあとでご案内しますが、通常は作品を作るための場所ですから、一般の見学は受け付けていないと思います。年に1、2回程度、工房びらきがあったように思いますが、これも毎年ではない感じ。以前は秋口におこなわれる町のイベント「南畑美術散歩」に参加してくれていたのですが、ご高齢のためか、昨年は不参加だったようです。もしチャンスがあれば見逃さないようにしましょう。

甲木工房の行き方と場所

甲木工房は、ホタルで有名な中ノ島公園の近くにあります。
所在地は福岡県那珂川市埋金 623-2。

行き方は、大橋方面から国道385号線を佐賀方面にひたすら下っていき、JA筑紫南畑支店が左側に見えたら、その角を左折。やや細い道を上がって行くと左側にあります。

地図で示すとこのあたりになります。

甲木工房に駐車場はある?

甲木工房は民家の一角が織子さんたちが作業する工房になっている形式。
工房びらきなどの際、車で行く場合には、隣に広い駐車スペースがあります。ただし台数は数台くらいという印象ですね。

甲木工房がとりあげられるテレビ番組

甲木工房は過去にも何度かメディアにとりあげられていますが、今回この記事を書くきっかけになった番組は
『雨ニモマケズ』
朝倉幸男さんがスーパーカブでローカルスポットを案内してくれる番組ですね。

放送局は福岡のテレビ東京的存在の「テレQ」で、
放送日時は2019年5月12日(日) 11時00分から11時25分の間になります。

作品は草木染め、紬がちょっと行って見たいな、

スポンサーリンク

おわりに

おそらく甲木先生はそこそのご高齢かと思いますが、那珂川市にとっては貴重な文化人ですから、いつまでもお元気で、活躍してほしいなとひそかに願っています。

最後に甲木工房のホームページへのリンクをはっておきます。
甲木工房

コメント