山頂から新幹線を狙え!:石割山

観音山から石割山へ(那珂川町)
観音山の山頂から初めての石割山へ。
予想外に出会った小さな祠を後にして先へ進みます。

あ、両方ともホントに小さな山ですんで(´⊆`*)ゞテヘヘ.


昨日書いたその祠のあたりだけ視界が開けていて、山奥のちょっとした憩いの場所という風情。
遠くに大野城方面もちらっと見え、いい空気感でした。

観音山から石割山へ(那珂川町)

観音山からしばらく南方向に歩いてきましたが、ここからは右に折れ、西に向かう感じ。
どうやら観音山と石割山の間の谷をぐるりと迂回して行くようです。

観音山から石割山へ(那珂川町)

しばらく歩いて行くと、こんな表示(?)に出会いました。

幹にスプレーで書いちゃうのはどうかと思いますが、

ヤンバル池!?

知らなかった・・・池があるんですね〜。
岩門城趾のふもとで出会った静かな池のたたずまいが脳裏をよぎります。

しかも「ヤンバル」とか、素敵過ぎます♪
「山原」でしょうかね。カタカナ地名ってなんだか萌えます(謎)。

観音山から石割山へ(那珂川町)

木の根元にはこれまたそそる、古そうな標。
なんて書いてあるんだろう。なんとなく見覚えがあるような・・・

観音山から石割山へ(那珂川町)

興味津々ですが、案内によればヤンバル池は左、目指す石割山は右方向ってことで、
ここは珍しく初志貫徹。まじめに石割山へ向かいました。

観音山から石割山へ(那珂川町)

割られたような形の巨石が、山頂へ向かう段の脇に門番のごとく居座ります。

観音山から石割山へ(那珂川町)

ようやく石割山山頂に到着意外に歩かされた〜(^^;)
新幹線の車両基地をメインに那珂川町〜福岡市方面が見えます。

けっこう歩いた割に眺めは観音山と似たような感じ。
木も多く、残念ながら視界も観音山より限定的です。
超望遠で新幹線を狙う隠れスポットとしてはいいかも(^^;)

でも道は尾根づたいで、急なところはほとんどなく、とても気持ちがよかったです♪
眺望よりも山歩きを楽しむ感じですね。

石割山(那珂川町)

さてと、これからどうしよう・・・

実は今回、漠然とですが、観音山・石割山に直接登れる道がないかな、って思いながら訪れたんです。
あわよくば下山時にそれを探せたら、って。

観音山はすごく手軽に展望を楽しめるんで散歩のついでに登りたいくらいなんですが、
そのつど大徳寺さんにおじゃまするのはさすがに恐縮です。
お参りの檀家さんもいらっしゃいますからね(^^;)

石割山(那珂川町)

うん、来た道を引き返さずにどこかから降りてみるか〜!

標高わずかに167m。

多少急勾配でもなんとかなるんじゃないかな♪

山の上の不毛
観音山からのプチ縦走、無事に石割山の山頂にたどり着いてプチ達成感♪ で、これまたプチな野望である、石割山への直接登頂ルートを探るべく、来た道を戻らずに下山道を探します。 けっこう調子良く来たので、体力も気力もまだまだ元気いっぱい...

コメント

  1. かおたん より:

    あれ?なんか祠や神社らしきものでもあるかとちょっぴり期待したけれど〜(笑)
    普通に山を登った感じですね♪
    そんなに高くない山なんですか。それなら直通ルートあるでしょうね〜♪ワクワク♪

    • at より:

      すいません、拍子抜けでしたね(^^;)

      うん、超がつくほどの低い山なんです。
      山ボーイ(?)なりたての自分には、このくらいが無理がないです♪

      そのうち祠や展望台があるような規模の山にも登れるようになりたいです♪