那珂川散歩帖(福岡)

筑紫郡那珂川町はいつまで?那珂川市はいつから?

calendar

reload

筑紫郡那珂川町はいつまで?那珂川市はいつから?

わが町・那珂川町が市になります

筑紫郡那珂川町
 ↓
那珂川市

個人的には嬉しいような、寂しいような、ちょっと複雑な気持ち。

ま、それはおいといて、今回は
筑紫郡那珂川町がいつまでで、
那珂川市が始まるのはいつからなのか?

そして、この変更にまつわる手続き関係について
確認したことをメモしておきます。

スポンサーリンク

筑紫郡那珂川町はいつまでで、那珂川市になるのはいつから?

まず時期的なことを。

筑紫郡那珂川町は2018年9月30日をもって終了。
筑紫郡はその長い歴史に幕を閉じることになります。

で、翌10月1日から、那珂川市が始まります。

せっかくなのでカウントダウンしましょう。

 

「福岡県筑紫郡那珂川町」から、「福岡県那珂川市」になりますので、
手書きするときはかなり画数が減ります。


スポンサーリンク


住所表示に変更はあるの?

これに伴い、当然ですが住所の表記が変更になります。

これまでは福岡県筑紫郡那珂川町むにゃむにゃ、
だったのが、
福岡県那珂川市むにゃむにゃ、になる。

幸いというべきか、当たり前というべきか、
この「むにゃむにゃ」の部分は変わりません。

なので、親戚や友人・知人に周知をはかる場合は、
筑紫郡那珂川町→那珂川市になりました、
と伝えればよいでしょう。

ちょっと注意しなきゃいけないと思うのは、
那珂川町が那珂川市になった、というのではなくて、
筑紫郡那珂川町が那珂川市になった、というのが正しい、
という点です。

郵便番号はどうなる?

郵便番号に変更はないそうです。

これまで通りで、自動的に那珂川市に
宛ててくれるらしい。

そういうわけで友人知人、事業を営んでいる皆さんなどは、
慌てて周知をはからなくても大丈夫なようです。
年賀状などを送る際に、市制変更になったことを、
一筆書き添えればよさそうですね。

電話番号の市外局番は変わるの?

それと電話番号。

これも郵便番号同様、変更はないそうです。

市制変更に伴う注意点

その他、いろいろな登録情報をみなさんお持ちだと思います。

町が配布しているガイドラインによると、
変更が必要と呼びかけられているのは
以下の住所変更。

  • 町の国民健保を除く健康保険
  • 生命保険、損害保険
  • 車の自賠責保険
  • クレジットカード
  • docomoを除く携帯電話
  • 町外の保育所・学校
  • 勤務先

などなど。

多くの方は、おそらくネットのアカウント関係で
住所を登録しているケースがあると思います。

それらも追々変更しなければならないのではないか、
と私は思います。

そう考えると、けっこうたいへん・・・汗
*他にもあるかも知れませんので、町からの案内をよくご確認ください。

 


 

那珂川町の外の人はどうする?

ここまで、町内に住んでいる人の手続きを書いてきましたが、
町の外に住んでいる人に影響はあるのでしょうか?

これは当面は大丈夫でしょう。
電話番号も変わらないし、郵便物は転送してくれます。
あと、何かありますかね、、、?

ただ、ずっと放っておくと転送の手当が無くなって、
郵便物が戻ってしまう時が来るかも知れません。

ま、しばらくは大丈夫と思いますが。

筑紫郡と那珂川町の歴史

ところで、那珂川町と一緒に消えてしまう筑紫郡という地名。
これってけっこう歴史があるみたいなんですよ。

Wikipediaによると、筑紫郡が生まれたのは明治29年(1896年)。
それ以前にあった御笠郡・那珂郡・席田(むしろだ)郡を統合して生まれています。

この時、筑紫郡に所属していた地域を見るとちょっと驚きます。
*参考:筑紫郡 – Wikipedia

旧・御笠郡(2町6村)の地域

  • 大野村(現・大野城市)
  • 水城村(現・太宰府市)
  • 山口村
  • 筑紫村
  • 二日市町
  • 御笠村(現・筑紫野市)
  • 太宰府町(現・太宰府市)
  • 山家村(現・筑紫野市)

現在の大野城市、太宰府市、筑紫野市が含まれていることがわかります。

旧・那珂郡(13村)の地域

  • 警固村
  • 豊平村(現・福岡市)
  • 南畑村(現・那珂川町)
  • 春日村(現・春日市)
  • 岩戸村
  • 安徳村(現・那珂川町)
  • 三宅村
  • 曰佐村
  • 那珂村
  • 八幡村
  • 住吉村
  • 堅粕村
  • 千代村(現・福岡市)

那珂郡には、岩戸、安徳、南畑など今の那珂川町
に属する地域の他、三宅や日佐、警固など
現在の福岡市南区の一部が入っています。

そればかりか、千代・堅粕・住吉など、博多の中心部まで
含まれていたことがわかります。

旧・席田郡(1村)の地域

こちらは席田(むしろだ)村のみ。
席田も今の福岡市ですね。

筑紫郡最後の地域が那珂川町

これらの広大な地区から、ちょいちょい福岡市への
編入が行なわれ、そうでない地域では村々が合併、
やがて1972年、一気に筑紫野市、春日市、大野城市が
筑紫郡から離脱します。

かくてとりのこされた那珂川町(旧南畑・安徳・岩戸)
だけが、筑紫郡の名を冠して、今に至ることとなりました。

1896年以来、筑紫郡の名を今に伝える南畑・安徳・岩戸も
遂に市制へと移行。
筑紫郡は、122年の歴史の幕を閉じることになります。

スポンサーリンク

さよなら筑紫郡那珂川町

以上、那珂川町が那珂川市に移るにあたり、
確認したことをまとめました。

後半はちょっと余計な情報でしたが、
最後まで筑紫郡の名を残した那珂川町で暮らす一人として
筑紫郡の名を少し悼んでみました。

たいていの群にはいくつかの町や村が所属している
ものですよね。
でも筑紫群には那珂川町しかない。
そこにはこんな経緯があったというわけです。

ご存知の方も、もちろん多いのでしょうけれども。
最後までご覧くださり、ありがとうございました。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

folder とりとめもないこと

花墳墓
お盆の両岸
時のレイヤー
more...

folder 日記

カワセミがいる川
more...