織田廣喜美術館の見どころ、駐車場・開館時間・料金【大作もあり】

織田廣喜美術館 ドライブ

こんにちは at(あっと)です。

福岡周辺の、ちょっとした
ドライブスポットをご紹介しています。

今回は嘉麻市の[織田廣喜美術館(おだひろきびじゅつかん)]。

地元出身で大成した洋画家の作品が
大作も含めてたくさん鑑賞できます。

建物の明るい空間も印象的で、
周囲の風景ものどか。
プチドライブにぴったりです。

なお福岡の穴場的な美術館に関しては
こちらでもまとめてご案内しています。
福岡ドライブ! 穴場の美術館

タイトル画像出典:嘉麻市観光ポータル(http://e-kama.net/)

ご案内している場所の一部では コロナウイルスの感染防止の観点から 臨時の休館、利用制限などの措置が 取られているケースが見られます。 実際にお出かけになる場合には、 公式サイトなどで最新の状況を ご確認なさることをオススメします.

スポンサーリンク

織田廣喜美術館の見どころ

織田廣喜(おだ ひろき・1914 – 2012)
の作品を常設展示している美術館。

幻想的な空間を柔らかい色調で描いた
絵が印象的です。

女性像も多く、特に赤い帽子をかぶった
シリーズが人気なのだとか。

強い緊張感というよりは自由な筆致で、
どこか超現実的で象徴的な空間が
描き出されています。
大作の展示もあり、見応えがありました。

絵画といえばフランス、というイメージ
の人にはよく馴染む絵かも知れないです。

具体的なモチーフが見えますので、
それをきっかけにして、目を遊ばせる
ような感じで絵の中に入っていくと
いい感じでした。

織田廣喜氏は二科会常務理事をつとめた
日本の画壇では有名人。
日本芸術院会員でもありました。

寝たきりだった妻のリラさんとの関係に
ついては新聞記事の展示がありました。
もし行ったら見つけてみてください。

建物も印象的でした。

→ 現在地から織田廣喜美術館への経路を表示する

織田廣喜画伯の作品(参考)

美術館内は撮影ができないため
作品の画像がありません。

そこでどんな雰囲気の絵なのか、
楽天で出品されているものから
織田廣喜氏の作品をいくつか、
私の好みで貼ってみます。
*美術館に展示されている作品では
ありませんのでご注意ください。


★値下げ交渉可能品★ 織田広喜 ルクサンブール公園風景 油彩20号 人物画 女性像 植物 洋画 絵画 原画 油絵 真作保証39434ku【中古】【あす楽 店頭受取対応商品 新着販売】


28日13時販売終了◆最終値下げ 織田広喜(福岡県) 作品 油彩20号 風景画 夕日 公園 古径額装 絵画 原画 油絵 真作保証 36664ky【中古】【 店頭受取対応商品 販売】zz


織田広喜(福岡県) 初春風景(雷門) 油彩6号 風景画 浅草 日本 観光 絵画 油絵 原画 本物保証 37729ky【中古】【あす楽 店頭受取対応商品 販売】zz


織田広喜 少女 油彩3号 人物画 女性像 アート 洋画 インテリア 絵画 原画 油絵 真作保証 37903yk【中古】【あす楽 店頭受取対応商品 販売】zz


★値下げ交渉可能品★ 織田広喜 少女 油彩SM 人物画 赤い帽子 女性像 古径額装 洋画 油絵 絵画 原画 真作保証 37332kz【中古】【あす楽 店頭受取対応商品 販売】

好みで言うと上から2番目の絵が
欲しい気がしますが、お値段が
どうしてもアレです(汗)

スポンサーリンク

織田廣喜美術館の場所と駐車場

織田廣喜美術館の場所と地図

織田廣喜美術館の所在地は
福岡県嘉麻市上臼井 767

地図で示すとこのあたりです。

福岡市内からだと1時間余だと
思います。

次のリンクはあなたの現在地からの
経路を、地図で示します。

→ 現在地から織田廣喜美術館への経路を表示する

織田廣喜美術館の駐車場と駐車料金

織田廣喜美術館には駐車場が
併設されています。
スペースはそれなりにあるので、
何かイベントでもない限りは
駐車で困ることはないでしょう。

料金は無料です。

織田廣喜美術館の入館料金はいくら?

織田廣喜美術館の入館料は、
– 一般は330円
– 学生は220円
– 小・中学生は110円
となっています。

織田廣喜美術館の開館時間と休館日

毎週月曜と火曜(祝日の場合も休館)
年末年始(12月28日~1月4日)
館内整理日(年4回)

開館時間は10時から17時まで
入館は16時30分までです。

織田廣喜美術館の周辺のドライブスポット

碓井郷土館

同じ建物の半分が、碓井郷土館に
なっています。

古代から現代までの嘉麻市の歴史が
展示・紹介されています。
戦国時代には猛将・後藤又兵衛とも
ゆかりがあったらしく、
歴史ファンなら楽しめるポイントが
いくつもあるでしょう。

皿屋敷伝説のコーナーも、個人的には
興味深かったです。

織田廣喜美術館と共通チケットです。

平和記念館

また、すぐ隣の碓井図書館の二階が
平和記念館になっています。
こちらは戦前・戦中の資料を集めた展示。
入館は無料です。

道の駅碓井

4〜500m離れたところに「道の駅碓井」があります。

スポンサーリンク

おわりに

絵葉書などのミュージアムグッズを
販売しているコーナーもあります。

それと、これは観覧に行く方には
関係ないかも知れませんが、
小さなお子さんたちへの美術教育
にも力を入れているようです。

こういう点は見習いたいですね。

広々とした碓井の風景のなか
のんびりと訪ねてはいかがでしょうか。

コメント