今をうるおす神話の流れ:裂田の溝

史跡

早起きしたときは “そぞろ歩き” を遠くまで、のんびりと楽しみます。

裂田の溝(さくたのうなで)までやってきました♪

裂田の溝は那珂川から水を引いて、町中を潤してる水路です。

20120907-145516.jpg

裂田神社の時に少し書きましたが、日本書紀にも出てくるそうで、昔からこの町を支えてくれてるみたい。
日本書紀は半分神話のようなものなんで、実際はどうだったのか知るすべもありませんが(^^;)

20120907-145503.jpg

この水路沿いは、ほんとうに気持ちがいいんですよね。
初めて通ったときは感動しました。
静かに滔々と流れる水を見ているだけで気持ちが落ち着いて・・・
できれば毎日でも歩きたい、そんな気にさせてくれます。

地域の人たちにも親しまれてるらしく、夏休みには子どもが潜って遊んでるのを何度か見かけました。

20120907-145549.jpg

遺跡(?)としての調査もされたそうで、もともと大きな川があった跡を用水路として活用した可能性があるとか。

20120907-145603.jpg

公園などでよく見かける周囲の生き物案内ですが、下のほうのナマズだけ絵になってるところにこだわりを感じます(^^)。
伏見神社の拝殿に奉納されてる絵なんですよね。
伏見神社はこの水を引いてる那珂川の堰のたもとにあります。

20120907-145615.jpg

歩くだけで気が晴れるこの清々しい流れに、何度救われたか知れません。
作った神功皇后と武内宿禰に感謝しなきゃ・笑

史跡
シェアする
atをフォローする
スポンサーリンク




那珂川散歩帖(福岡)

コメント

  1. NACHIKO より:

    こんばんは~☆写真を見ているだけでも気持ちの良い清々しい景色ですね~☆こんな美しい水路沿いを早朝にお散歩できるなんて幸せですね~!歩くだけで気が晴れるという感じ良く分かります。昔から町を潤してくれている水路のあるこの景色をずっと大切に守って欲しいなぁと思ってしまいました~(^-^)

    • at より:

      なちこさん、今日もご訪問、ありがとうございます。嬉しいです(^^)
      周囲に広がる田園風景とセットで気持ちがいいんですが、なかなか撮りきれず残念です。いくらかでもお伝えできたなら嬉しいのですが、、、
      とはいえ、なちこさんのお住まいのほうにはすばらしく雄大な景色が身近にあるのでは(^^)?

  2. 星華 より:

    こんばんは。
    裂田溝は、安徳小の横にも流れていて、当時は何それ?って感じでした。
    神話が書かれている本に載っているものが、この町にあるって、とてもうれしいですよね。
    何年か前に少しきれいにされていて驚きましたが(^^;)

    • at より:

      星華さん、こんにちは♪
      お返事が遅くなってたいへん失礼しちゃいました、ごめんなさい(^^;)
      あはは、小学生にはそうでしょうね、でもすぐ脇に歴史がそのまま流れているわけですから、時の流れみたいな感覚を肌で育んでいけるのはすごいことですよね。
      はい、工事が入ったときはどうなってしまうんだろう、と心配でした。裂田神社のあたりは通りやすくなりましたね。
      またよろしくお願いします(^^)/

  3. かおたん より:

    本当にキレイな水路ですね♪
    みんなの生活になくてはならないものになってるんですね♪
    生活の役立ち面のみならず、潜って遊んだり、あっちゃんのように散策して癒されたり♪
    自然と人間の共和って素敵ですね♪
    私も水辺ってとっても好きで、海、湖、川、どれも癒されますね〜♪

    • at より:

      水辺に行くとなぜだか癒されますよね、不思議なものです。もちろん生命にとって不可欠な物質という面もあるわけですけど、それ以上に、水辺で感じる光や風、空気の感じとかもなにか大切な役割をもっているのかも知れませんね、、、(^^)