台風17号2019ターファー進路予想(米軍ヨーロッパ)福岡への影響は?

台風17号ターファー

台風17号が発生、北部九州に再び影響が出そうな進路予想が出ています。

ここでは台風17号・ターファーに関して、

  • 日本の気象庁
  • 米軍
  • ヨーロッパ

がそれぞれ出している

  • 進路予想
  • 天気図

などの情報を集めましたのでシェアします。

私自身は気象予報士などの専門家ではなく一般ブロガーです。まとめ記事になりますので、その点ご理解いただいた上でご覧ください。

スポンサーリンク

台風17号2019・ターファーの現状

最終更新:2019/09/19 18:28:57

台風17号ターファーは、
2019年9月19日の15時時点では沖縄の南に位置しており、
ゆっくりした速度で西北西へ移動しています。

中心気圧は994hPa。
中心付近の最大風速は18mに達しています。

現在の予測では発達しながら進路を北よりに変え、沖縄地方に接近するとみられています。
付近の地域・海域は要注意です。

私は福岡在住ですが、22日にかけて長崎、佐賀、福岡など、北部九州に影響が出そうな進路です。熊本も警戒したほうがよさそう。

下に貼っているアニメーションは22日時点でのシミュレーションです。

台風17号ターファー
*画像出典:earth :: 地球の風、天気、海の状況地図 https://earth.nullschool.net/jp/
*提示しているアニメーションは上記サイトの画像をコマ送りに加工したものです。

あとで各国の予想をご紹介していきますが、いずれも台風17号の進路に対して北部九州は右側にあたりそう。これは雨風ともに強くなる角度です。すでに稲刈りはかなり進んでいる状態のようですが、佐賀の多久、武雄や福岡の久留米・朝倉など大雨に見舞われやすい地域は要警戒です。

台風と認定される条件
 日本の気象庁では台風を、地理的な条件と最大風速によって定義しています。
それによれば、北西太平洋か南シナ海にあって、最大風速が17メートル/秒の場合、台風とされるそうです。

熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが、このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のものを「台風」と呼びます。*出典:気象庁|台風とは https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/1-1.html

 

スポンサーリンク

台風17号ターファー、各国の進路予想の違い

こちらは各国が出している進路予想です。

微妙なずれはあるものの、おおむね東シナ海を北上し、玄界灘方面へと向かって移動する予想が出ています。
台風17号ターファー進路予想
画像出典:http://www.typhoon2000.ph/multi/

スポンサーリンク

台風17号・2019、アメリカ軍(JTWC)の進路予想

こちらは合同台風警報センター(JTWC)の進路予想の詳細。
台風17号ターファー進路予想(米軍)
画像出典:JTWC https://www.usno.navy.mil/

JTWCとは?

 JTWCはアメリカの海軍と空軍の共同機関で、ハワイ州の真珠湾海軍基地の海軍太平洋気象海洋センターに設置されています。
時刻はアメリカ時間になっていますので、時差を考慮する必要があります。
09/18Zとあったら、09は9日、18Zが18時なので、+9して27時つまり午前3時と見ます。
予想は5日後まで見ることができます。

アメリカ海洋大気庁(NOAA)

アメリカ海洋大気庁の予想では、台風17号の、きれいに同心円状に発達する様子が伺えます。円の密度が高いほど危険ってことですよね。

台風17号ターファー進路予想
*画像出典:Model Analyses and Guidance http://mag.ncep.noaa.gov/
*提示しているアニメーションは上記サイトの画像をコマ送りに加工したものです。

台風17号・2019、ヨーロッパの最新進路予想

こちらはヨーロッパの中期予報センターが出している予想。画像は進路のイメージをわかりやすくするためアニメーションに加工しています。
台風17号ターファー進路予想
画像出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)https://www.ecmwf.int/
*提示しているアニメーションは上記サイトの画像をコマ送りに加工したものです。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)とは? 

 イギリスのレディングにある国際機関で、1975年以来中期の気象予報について研究しています。
数値解析手法を得意としていて、予報の向上のための研究や情報の収集や保管、加盟国への配信を行なっています。

台風17号・2019、日本の気象庁の最新進路予想

こちらは日本の進路予想です。(9月19日現在)

台風17号2019進路予想
画像出典:http://www.jma.go.jp/jp/typh/

天気図はこちら。21日時点での予想です。
台風17号の予想天気図
画像出典:http://www.jma.go.jp/jp/g3/

台風17号、海面水温からみて今後の勢力はどうなる?

台風の勢力に影響する海面水温の様子もみておきましょう。
すでに朝夕はけっこう涼しくなってきましたが、海面水温はまだまだ高いようです。

台風17号接近時の海面水温
*出典:気象庁 | 海面水温に関する診断表、データ 日別海面水温 https://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/data/db/kaikyo/daily/sst_HQ.html

北部九州の潮位は?

潮位情報も見て見ました。
22日頃は比較的緩慢は穏やかな時期にあたっているようです。
とはいえ、油断は禁物でしょうが。

台風17号接近時の北部九州の潮位
*出典:潮位情報 https://www.data.jma.go.jp/kaiyou/db/tide/suisan/index.php

他の地域や、さらく詳しくは気象庁のサイトでご確認ください。
気象庁 | 潮汐・海面水位のデータ 潮位表

台風17号のターファーという名前の由来

今回、2019年の台風17号はターファー(Tapah)と名付けられています。

マレーシア発案の名前で、意味はなまずだそうです。

台風の名前は台風の影響を受ける地域14ヵ国で組織する台風委員会で決められています。
全部で140の名前が登録されており、使われる順序も決まっています。
140番目までいったら1番にもどることになっているのだとか。

マレーシア発案の台風の名前は、今回のターファーのほかに次のようなものがあります。生物の名前が多いですね。

ジェラワット(Jelawat)淡水魚の名前
ルンビア(Rumbia)サゴヤシ
セーパット(Sepat)淡水魚の名前
ヌーリ(Nuri)オウム
ナンカー(Nangka)果物の名前
チャンパカ(Cempaka)ハーブの名前
ムーランティ(Meranti)木の名前
マールボック(Merbok)鳥の名前
マーワー(Mawar)ばら

ここから先は一般的な台風対策などの情報です。私が心がけていることのまとめです。
完璧なものではないと思いますが、ご参考になればと思い、付け加えます。

スポンサーリンク

台風の対策

台風や大雨が近づいているときは、なるべく情報を集めるようにしましょう。
情報ソースは後のほうでまとめています。

また、興味本位で危険な場所に近づかないよう注意しましょう。
川が氾濫したり土砂災害は突発的に起きることがあります。避難が遅れれば命にかかわります。

台風が近づいてきたらどうする?

台風が近づいた際、自分が注意しているのは次のようなことです。
もっと他にもあると思いますが、とりあえず書き留めておきます。
暴風の下で行なうのは危ないので、早めに行なったほうがよいと思います。

・家の周りを確認して、風で飛ばされそうなものがないか注意。あれば固定するか、片付ける。
・窓や雨戸の補強。窓はガムテープなどをバツ印に貼っています。
・浸水の対策
31887_1.pdf
自治体や土木事務所では土嚢を配布している場合があります。危機が迫ってからでは遅いので、いざというときに備えて、最寄りの機関に問い合わせてみるとよいでしょう。
・断水の備え
・停電の備え

ふだんから確認しておきたいこと

自治体が発表しているハザードマップを確認しましょう

お住まいの自治体では、ほとんどハザードマップを作っていると思います。
地震と同時に、水害、土砂災害についても危険な地域を確認しておくと、いざというとき役立ちます。
こちらで確認できるでしょう。 →ハザードマップポータルサイト

それとお住まいの地域の避難所も把握しておきましょう。
家族同士、いざという時の避難場所を優先順位をきめていくつか決めておくのもよいと思います。たよりのスマホが使えなくなる可能性もゼロではありません。

防災グッズをそなえましょう

また、防災グッズもあると、いざというとき安心です。
懐中電灯やラジオ、飲み水や非常食などですね。
スマホの充電池もあったほうがよさそうです。

防災士が作った3日間生き抜くためのセット」のセレクトはよく考えられています。(売り切れ気味なのでたぶん予約が必要。)
防災グッズなら防災士店長が厳選した39点セット[ディフェンドフューチャー](*外部サイトにとびます)

避難する時に注意したい三つのこと

避難前には必ず火の始末をしましょう。
持ち物は最小限にして避難の足かせにならないように。
両手はできるだけ自由になるよう、荷物は背負ったほうがよいでしょう。

慌てていると、避難した途中や避難後に忘れ物に気づくことがあるでしょう。
でも事態は刻々と変化している場合もありますので、とりに戻るのは危険です。

秋の台風と夏の台風の違い

台風が発生したら、その都度関係機関から情報をとることが大切ですが、一般的なイメージを知っておくと心づもりをするのに役立ちます。

夏の台風はスピードが遅く、動きにもぶれが多い。
秋の台風は日本に近づくにつれてスピードが上がり、進路も発生後に北東方向へ進み、沖縄付近で急速に北上、やがて北東方向へ列島を縦断するイメージがあります。

秋の台風は秋雨前線を刺激して大雨をもたらすこともあります。

各地の状況(ライブカメラ)

ライブカメラで各地の状況を映像で知ることができる場合があります。風雨が強すぎるとダメなこともありますが、何かの助けになるかも知れないので、知っている範囲でリンクをしておきます。ほかにも、みなさんがご存知のライブカメラがもしあれば情報をお寄せください。

リンク集

道路:各地方整備局の取組 全国のライブカメラ(国土交通省)

東京都にあるライブカメラ

東京タワーライブカメラ / TOKYOTOWER LIVE CAMERA – YouTube
【LIVE CAMERA】渋谷スクランブル交差点 ライブ映像 – YouTube
多摩川ライブカメラ(二子玉川付近) – YouTube

中部地方にあるライブカメラ

静岡県 静岡市さった峠 交通の要衝 – YouTube
和歌山県 白浜町 ライブカメラ – YouTube

中国地方にあるライブカメラ

岡山県 鷲羽山情報カメラ
愛媛県 佐田岬半島ライブカメラ Live camera -SADAMISAKI Peninsula in Japan – YouTube

九州地方にあるライブカメラ

長崎県 長崎港ライブカメラ/日曜16時~スポ魂ライブ配信【NCC長崎文化放送】 – YouTube
鹿児島県 桜島全景(鹿児島市から撮影) – YouTube

交通情報

鉄道各社、台風17号ターファーの影響を確認する

九州の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線) – Yahoo!路線情報
四国の運行情報(JR、私鉄) – Yahoo!路線情報
近畿の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線) – Yahoo!路線情報
関東の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線) – Yahoo!路線情報

航空機各社、台風17号ターファーの影響を確認する

JAL 運航状況のご案内
ANA 運航状況のご案内
スカイマーク 運航状況
運航状況のご案内 | 航空会社スターフライヤー
運航情報 | フジドリームエアラインズ(FDA)
運航状況 | 天草エアライン AMX
運航状況・運航の見通し|ソラシドエア

スポンサーリンク

台風17号・ターファー進路予想まとめ

台風の進路や強さの変化に注意して、必要があれば備えておきましょう。

お住いの地域の防災情報や避難経路なども確認しておくと、いざという時に安心です。
わからない場合はgoogle検索で「(お住いの市町村名) ハザードマップ」などとして検索してみてください。

コメント