福岡の穴場の美術館6選[カジュアルに楽しもう]

大川市立清力美術館 ドライブ

こんにちは、日帰りドライブと散歩が趣味のat(あっと)です。
車、徒歩を問わずのんびり出歩くのが楽しみで、20年くらいの経験から情報をシェアしてます。

今回は福岡にある穴場的な美術館をいくつかご紹介します。
テーマを絞った小ぶりな美術館なので、人も少なく静かにゆったり楽しめるでしょう。
雨の日でもOKですし、建物そのものを楽しむのもアリ。料金も無料、ないし格安のところばかりです。

ただ、超有名な作品があるわけではありませんし、作品数も多くはありません。
その分、カジュアルに美術に親しめるのが魅力です。
運転や車内の時間を楽しみながら、目的地の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

それぞれリンク先のページには、googleMapsで現在地からの経路を示すボタンがついています。スマホの位置情報を有効にしてご利用ください。

スポンサーリンク

織田廣喜美術館

織田廣喜美術館
画像出典:嘉麻市観光ポータル(http://e-kama.net/)

赤い帽子の女性像で人気があった織田廣喜の作品を展示しています。
受賞歴のある素敵な建物も魅力。メンテが行き届いていないのはちょっと気の毒です。
地域の子どもたちへの美術教育に力を入れている点も特徴です。

場所:福岡県嘉麻市上臼井 767
定休:月・火曜
料金:330円(一般)*碓井郷土館の料金を含む

織田廣喜美術館の見どころ、駐車場・開館時間・料金【大作もあり】
こんにちは at(あっと)です。 福岡周辺の、ちょっとした ドライブスポットをご紹介しています。 今回は嘉麻市の[織田廣喜美術館(おだひろきびじゅつかん)]。 地元出身で大成した洋画家の作品が 大作も含めてたくさん鑑賞...

清力美術館

大川市立清力美術館の洗面台

青木繁が滞在していたこともある清力酒造。
そのの建物を利用し、地元ゆかりの画家の作品や資料を展示しています。
明治時代の建物の雰囲気がとてもよかったため、上位に挙げました。
展示は画壇の超有名人というわけではありませんが、絵が好きな人ならよいところがたくさん見つかり、良作が揃っています。

清力美術館の珠玉感!口コミ、行き方、駐車場(大川市・福岡)
清力美術館(せいりきびじゅつかん)は、 明治の洋館を利用した美術館。 特に内部は当時の雰囲気をよく残していて、 タイムスリップ感覚を味わえます。 今回はこの清力美術館について、 レトロ建築と小さな美術館好きの“そぞリスト”...

場所:福岡県大川市大字鐘ヶ江77番地16
定休:月曜
料金:無料

直方谷尾美術館

直方谷尾美術館(福岡)

古い洋館をリノベーションし、地元直方市ゆかりの作家の作品を展示しています。
レトロ建築を楽しみながら見られるのが嬉しい。
同時に、現代的な広い空間を擁するギャラリーが増築されており、企画展も意欲的に行われています。

場所:福岡県直方市殿町10-35
定休:月曜
料金:一般100円

直方谷尾美術館の見どころと駐車場・休館日・料金
こんにちは at(あっと)です。 福岡周辺の、ちょっとした ドライブスポットをご紹介しています。 今回は福岡県直方(のうがた)市の[直方谷尾美術館]。 元は私立だった小さな美術館です。 直方市ゆかりの作家の作品を展示、...

伊都郷土美術館

伊都郷土美術館

前原生まれの彫刻家・原田新八郎の作品を二階に展示しています。
具象の人物像なので、美術初心者にも見やすいと思います。
十分な展示スペースがとれていない感じがするほどの作品数。ひとつひとつ見応えがあります。
一階では企画展をしていることもあります。

場所:福岡県糸島市前原東2丁目2-8
定休:月曜
料金:無料

【糸島の美術館】伊都郷土美術館の見どころ、駐車場・営業時間・料金
こんにちは at(あっと)です。 福岡周辺のちょっとしたドライブスポットをご紹介しています。 今回は糸島の小さな美術館[伊都郷土美術館(いときょうどびじゅつかん)]です。 小さいながら、郷土ゆかりの彫刻家の常設展示がなかなか見事。...

田崎廣助美術館

地元出身の有名画家・田崎廣助の作品を展示する小美術館。
大きなキャンバスに描かれた山の絵が有名で、軽井沢の美術館と連携、入れ替えもあるそうです。

場所:福岡県八女市立花町原島108−1。
定休:月曜
料金:無料

田崎廣助美術館の見どころ、駐車場・営業時間・料金【雄大な山麓風景】
こんにちは at(あっと)です。 福岡周辺のちょっとしたドライブスポットをご紹介しています。 今回は八女(やめ)の小さな美術館[田崎廣助美術館(たさきひろすけびじゅつかん)]です。 小さいながら、郷土ゆかりの画家の常設展示が魅力で...

須恵町立美術センター久我記念館

須恵町立美術センター 久我記念館

森の中にひっそりとたたずむ赤煉瓦の風情がとてもいいです。
日本の近代洋画の大家・坂本繁二郎を世に出した久我五千男が須恵町に寄贈した美術館。
展示されている金錆染付(きんさびそめつけ)の陶器群は貴重なものです。

場所:福岡県糟屋郡須惠町大字大字須惠77−1
定休:月曜
料金:無料

須恵町立美術センター久我記念館の見どころ、駐車場・開館時間・料金
こんにちは at(あっと)です。 福岡周辺の、ちょっとした ドライブスポットをご紹介しています。 今回は須恵町の [須恵町立美術センター久我記念館] 林の木立に囲まれた赤煉瓦が 美しい。 軽く森林浴気分も味わえ...

スポンサーリンク

おわりに

ふだん美術に縁遠い方にも行ってみて欲しいです。
ドライブに奥行きがでるかも知れませんよ。

他にも福岡県内には小規模な美術館や個人のギャラリーなどがたくさんあります。
ここでのセレクトはあくまで個人的な印象によるものです。

コメント